交通タイムス社発行「VIPSTYLE」のオフィシャルサイト

コストパフォーマンスに優れた注目の一本・DELINTE DS8(デリンテディーエスエイト)

国産・海外産問わず、高品質タイヤを幅広く取り扱っているフジ。中でも高コスパなアジアン系はセダンでも売れ筋になっているが、“デリンテ”もまた、注目度上昇中のアジアンブランドの一つ。今回はそのNEWモデル・デリンテDS8をご紹介したい。

コストパフォーマンスに優れた注目の一本・DELINTE DS8(デリンテディーエスエイト)

夏の行楽シーズン直前。キャンプや花火大会など、すでにお出掛けの予定を立てている人も多いだろう。そしてクルマで行くなら、事前にタイヤのチェックもお忘れなく。どうも心許ない感じであれば、この機に新品に履き替えるのも手だ。

オススメの理由・その1 『リーズナブルな価格設定』

少々前置きが長くなったが、そこでぜひ推したいのが、このデリンテDS8。その理由の1つが、リーズナブルな価格設定。参考までに例を紹介しておくと、フジで20インチのデリンテDS8を4本セットで購入した場合、価格は4万円台で収まる。
国産タイヤであれば安くても6万円台、高価なものだと10万円越えもある中、これはかなりお買い得。前述のようにお出掛けを控えている人なら、なおさら出費は抑えておきたいところなので、そういう意味でもこのロープライスは嬉しいハズ。

オススメの理由・その2 『信頼できる性能』

もちろん、安かろう悪かろうでは意味がない。オススメ理由その2は、信頼できる性能面だ。デリンテはこれまで北米を中心に展開してきた実績があり、大衆向けタイヤとしての評価は高い。このデリンテDS8も超高性能とまではいかないが、価格帯の割に乗り心地や耐久性に優れた、バランスの良いタイヤになっている。
トレッドは左右非対称パターンを採用。外側のブロックを大きく、荷重に強い造りにする一方、内側は繊細にミゾを刻んで排水性を向上。ドライ路面では高いトラクション性能を発揮しつつ、ウェットでも安心というオールマイティさがウリだ。
ルックスも◎。斜めに切れ上がるようなパターンに、中央を走るイナズマのような鋭いパターンがミックスされているのが、実にカッコイイ。
気になった人は、ぜひフジ各店舗に実物を見に行こう。

デリンテロゴが入ったショルダー部。角張り過ぎず丸過ぎずな形状となっており、軽く引っ張ればほど良く寝てくれそう。
特にドライコンディションで強みを発揮するトレッドパターン。左右非対称ゆえIN・OUTの指定はあり(回転方向指定はなし)。

SIZE

19inch
【235/55】 【245/45】
20inch
【225/35】 【245/35】 【245/45】 【265/50】
22inch
【245/30】 【255/30】 【305/40】

取材協力店舗

タイヤ&ホイール館フジ スペシャルブランド武蔵村山店
東京都武蔵村山市本町1-71-1
tel.042-843-7020
営業時間
10:30~19:30(平日)
10:00~20:00(土曜日・祝前日)
10:00~19:00(日曜日・祝日)

昨年11月にオープンしたばかりの武蔵村山店。西東京地区最大級の展示数を誇り、フラットリフトなど設備面も充実している。ちなみに6/23には茨城にスペシャルブランド水戸店も新規開店。もちろんデリンテタイヤはフジ全店舗で購入可能だ。

FUJI CORPORATION(フジ・コーポレーション)

tel.022-348-3333
http://www.fujicorporation.com