一周廻ってセダンが1番!

【32シーマ / 平成の名車 / 幸田順】低いまま走るを広めたのは彼

平成の名車

【OWNER】 幸田 順(岐阜県)

平成の名車
低いまま走るを広めたのは彼。

車高調で低いまま走る。

そのカッコ良さを、多くのオーナーたちにアピールした幸田32シーマ。

車高調はガレージマジカルでワンオフ。

さらにグランスのキャンバーアームで重厚感溢れるスタイリングを実現。

この低さに備え、マフラーは触媒から底上げ済み。

今でこそ当たり前の加工メニューだが、彼はその先駆けと言える。

またこの低さなのに、ボディは常にキレイな状態をキープしていることも注目を集めた。

飛び石が付いたらすぐ塗り直す、イベント遠征中に付いたキズは会場入りする前にタッチペンでそっと隠す。

その徹底ぶり、お見事である。

●平成15年(2003年)8月号掲載

平成の名車

【SPEC】 エアロ:(F・S)セッション加工(R)ジャンクションプロデュース加工(W)ワンオフ フェンダー:オーバーフェンダー(F)2.5㎝(R)4㎝ 足まわり:ガレージマジカルワンオフ車高調 ホイール:エクイップ(F10.5J・R12J-18) タイヤ:(F)ダンロップLM702(R)グリッドⅡ(F235/40・R265/35-18) マフラー:アンクエルション加工 外装その他:ジャンクションプロデュース(ボンネットスポイラー・ルーフウイング・テールアイライン・ボンネットマスコット)、BMWサイドウインカーなど

平成の名車

【特集】平成の名車
まだまだあるぞ、懐かしの名車が続々登場!

【特集】シーマ
シーマ好きはコチラも要チェック!

●VIPスタイル編集部
初出:VIPスタイル2019年4月号
文=岩田 直人 写真=VIPSTYLE