国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

平成の名車 #06_50PRESIDENT

平成の名車
掲載:2019年4月号_巻頭特集 平成の名車
文=岩田 直人 写真=VIPSTYLE

初期のTFLを代表するプレジ。

ハデ系全盛期だった当時のVIPシーンに新風を巻き起こした、全車シンプル仕様のTFLコンプリート。グリーンフィルムやドコモアンテナなど、彼らがブームに火を付けたアイテムは数多い。そのチームを代表する1台が神林サンのプレジ。ライトやグリル、テールランプなどはすべて後期純正に変更しているが、ボディカラーも後期しか設定がないホワイトパールで塗るというスキのなさ。ステータス性が高いホイールを履くのも彼らのやり方で、プレジにはBBS・スーパーRSをセット。内装はウッドパーツをふんだんに取り入れるのがTFLスタイル。●平成15年(2003年)3月号掲載

【OWNER】
神林 重樹(宮城県)

【SPEC】
エアロ:(F・S・R)オートクチュール加工(W)ワンオフ フェンダー:ツメ切り ボディカラー:後期純正ホワイトパールオールペン 足まわり:オリジナル車高調 ホイール:BBSスーパーRS(F9J・R9.5J-19) タイヤ:ピレリP-zero(F235/35・R255/30-19) マフラー:ワンオフ 外装その他:後期仕様、ゴールドボンネットマスコット、ドコモアンテナ、グリーンフィルムなど 内装:ヴィクトールステアリング、ウッドパネル、各部黒レザー張り替え、シャンデリアなど

平成の名車平成の名車