一周廻ってセダンが1番!

我が心の名車たち -辰吉 丈一郎 LS400-

次世代に伝えたいクルマがある
我が心の名車たち

辰吉 丈一郎 LS400

「浪速のジョー」の異名を持つプロボクサー。無類のクルマ好きでも知られており、ボディをワンオフで作り込んだLS400「Joeスペシャル」は多くのセダン雑誌に取り上げられ、本誌Vol.6の表紙も飾る。その後は40LSを手に入れ、やはり大胆にドレスアップ。

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

僕は昔から辰吉サンが好きで、ボクシングの試合も見てきましたし、自伝も買いました。試合に関してはエンターテイナー気質で、見る人を楽しませてくれる。ここぞという時に一発かましてくれるのも好きですね。

辰吉サンはクルマ好きでも知られていますが、LS400は雑誌で初めて見た時に衝撃を受けました。フェンダーをはじめすべてがワンオフで、まさに世界に1台だけのクルマ。Joeのロゴがグリルやエアロに入っているのも好きで、「Joeスペシャル」であることをしっかり主張しているのがカッコいいです。

僕は当時13クラウンに乗っていて、16インチを履いてサスコンで落としていた程度でしたが、辰吉サンのLSを見ながら「僕もいつかは……」と思っていました。今は14マジェスタで理想のスタイルが手に入りましたが、今思うとオリジナリティのあるクルマを作りたいと思ったきっかけが、辰吉サンのクルマだったんだと。これからも応援していきます。

 

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

プロデュースは滋賀のヴェルフィー。以前の仕様では全体的に角張っていたボディは丸みを持たせ、しなやかなフォルムへと進化。

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

ホイールはヴィエナクライス、タイヤは高価なピレリを奢る。

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

内装は黒レザーで張り替え、アームレストはエンボス加工で「Joe」のロゴを入れた。

 


<今月のナビゲーター> 永瀬 亮一
愛車は佐賀のKCスタイルが製作した、ワイン色の14マジェスタ。

我が心の名車たち(辰吉 丈一郎 LS400)

クルマはもちろんですが、辰吉サン自身もカッコ良すぎます。もう一度試合を見てみたいです。そしてもし会う機会があれば、人生相談してもらいたい。「ちゃんとせえよ」と怒られたい(笑)。

 

◉VIPスタイル編集部
初出:2021年8月号