国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

平成の名車 #11_32CIMA

平成の名車
掲載:2019年4月号_巻頭特集 平成の名車
文=岩田 直人 写真=VIPSTYLE

走る・曲がる・止まるを実践。

ガレージマジカル木田サンの32シーマ。このクルマに影響を受け、32系を買うオーナーも多かった。ワンオフの車高調はただ落とすためのものではなく、走れることも重要視。この低さでも十分なストロークを確保しているのがウリ。マフラーも底上げ済みでストレスなし。さらにセッションのブレーキも導入して、走る・曲がる・止まるの三大要素をすべて満たしている。内装とオーディオもこの時点で完成させ、パーフェクトな仕上がりで全国のイベントを行脚。イベントごとにバンパーを作り替える作戦、「1イベント1バンパー」も記憶に新しい。●平成16年(2004年)12月号掲載

【OWNER】
木田 光昭(奈良県)

【SPEC】
エアロ:(F)セッション加工(S・R)セッション フェンダー:オーバーフェンダー(F)2㎝(R)3㎝ ボディカラー:トワイライトブルー 足まわり:ワンオフ車高調 ホイール:クレンツェLXZ(F9.5J・R11J-18) タイヤ:ピレリP-zero(F215/40・R245/35-18) マフラー:中間ワンオフ+出口Kブレイク 外装その他:ワンオフフェンダーダクト、各部ブラックアウトなど 内装:セッションステアリング、パネル類イージーグラフィック、総張り替えなど オーディオ:ボストンスピーカーなど

平成の名車平成の名車