一周廻ってセダンが1番!

【14マジェスタ / 平成の名車 / Kブレイク / 大林一樹】言わずと知れた2代目赤マジェ

平成の名車

【OWNER】 大林 一樹(大阪府)

【14マジェスタ】平成の名車
言わずと知れた2代目赤マジェ。

90年代を代表するVIPセダンと言えば、現Kブレイクの大林サンがユーザー時代に乗っていた14マジェスタ。

通称「赤マジェ」。

メーカーを設立し、仕事に専念するために一度は降りた。

しかし夢を諦めきれず、8年間の沈黙を破って完成させたのがこの2代目赤マジェ。

今回は「前のマジェではできなかったことをやる」がテーマ。

初代はFRPだったフェンダーは、念願の鉄板溶接。

IMCボンネットも昔から付けたかった逸品。

そして「今だからできること」として、ライトやテールをLED加工。

室内には何と88枚のモニターを投入。

新しさも取り入れた。

●平成20年(2008年)3月号掲載

平成の名車

【SPEC】 エアロ:(F・S・R)Kブレイク加工(W)ワンオフ フォグ:ブラバス フェンダー:ワンオフ(F)8㎝(R)13㎝ ボディカラー:キャンディアップルレッド 足まわり:Kブレイク車高調加工 ホイール:OZフッツーラエボスペック(F9J・R11.5J-18) タイヤ:ピレリ(F215/40・R245/35-18)マフラー:中間ワンオフ+出口LS460 外装その他:W220ベンツボンネットダクト、IMCボンネット加工など

平成の名車

平成の名車

平成の名車

【特集】平成の名車
まだまだあるぞ、懐かしの名車が続々登場!

どの車種よりも大好き
【特集】マジェスタ
絶対必見!

●VIPスタイル編集部
初出:VIPスタイル2019年4月号
文=岩田 直人 写真=VIPSTYLE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です