【公式】VIPスタイル | VIPセダン専門誌

【SENTIA / 平成の名車】19インチ履きのセンティア

平成の名車

【OWNER】 末廣 拓郎(福岡県)

平成の名車
19インチ履きのセンティア。

ボディが薄く、全高が低い。

だから車高を落とすとどのセダンよりも存在感が出る。

それが初代センティアの魅力。

以前から組んでいた車高調は加工しまくっていたが、限界を感じてガレージマジカルでワンオフ。

インナーやアーム類も加工して限界まで落とし、もちろんハンドル全切りOK。

ホイールは18インチにすればさらに落とせるが、こだわりの19インチを貫く。

鉄板溶接で製作したオーバーフェンダーは、ツライチ狙いでアーチも上げる。カペラフォグを移植したフロントバンパー、

さり気なく立ち上げた3分割ウイングはどちらもワンオフ。

●平成18年(2006年)10月号掲載

平成の名車

【SPEC】 エアロ:(F・W)ワンオフ(S)ミトス加工(R)カズスポーツ加工 フォグ:カペラワゴン純正 フェンダー:オーバーフェンダー(F)2㎝(R)4㎝ アーチ上げ(F・R)4㎝ ボディカラー:オリジナルスーパーブラック 足まわり:ガレージマジカルワンオフ車高調 ホイール:アンドリューゴルトディッシュ(F9.5J・R11.5J-19) タイヤ:(F)ダンロップ(R)ナンカン(F215/35・R265/30-19) マフラー:中間ワンオフ+出口Sクラス 外装その他:テールランプLED加工、FD3Sブレーキ移植など

平成の名車

【特集】平成の名車
まだまだあるぞ、懐かしの名車が続々登場!

●VIPスタイル編集部
初出:VIPスタイル2019年4月号
文=岩田 直人 写真=VIPSTYLE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です