一周廻ってセダンが1番!

【ウェッズ / 名作ホイール】クレンツェ バズレイアが復刻デビュー!

クレンツェ・バズレイアV2

クレンツェ・バズレイアV2

【ウェッズ / 名作ホイール】
クレンツェ バズレイアが復刻デビュー!

#01
ウェッズの名作ホイール

「クレンツェ バズレイア」とは!?

3ピースの高級品を揃えるウェッズのフラッグシップが、ご存知、クレンツェ。

これまでにクレンツェは数々の名作を生み出してきたが、その中でも売れに売れたのがバズレイアだった。

デビューしたのは、今から遡ること15年前。その当時、スポークにひねりを効かせた造型は斬新で、一躍、大人気に。

セダンユーザーたちはトップオーナーからストリートオーナーまで、本当に多くの人がこぞって装着させていた。

VIPスタイルの2006年2月号では、クレンツェ バズレイアを履かせた、この30セルシオが表紙を飾った。

その後、2015年に販売を終了。

浮き沈みが激しいホイール業界の中で、10年に渡って販売され続けたのは、改めて考えると凄いことだ。

そして、2020年。ユーザーたちの大量の熱いリクエストにより、遂にウェッズが動く。

クレンツェ バズレイアV2、復刻デビューである。

初お披露目は大阪オートメッセ2020。あれから数ヶ月、この度の正式発表を待っていた人も多いことだろう。

基本デザインは当時のまま。

ひねり、ラウンド感、曲線の組み合わせなど、当時のバズレイアの長所は生かし切る。

変更点はディスクの外周で、わずかにアクセントを加えたそうだが、もし、当時モデルとの違いが分かるなら、あなたはクレンツェマニアに違いない。

関連記事:まだまだあるぞ!ウェッズ大特集

#02
モデル名の由来とカラバリ・サイズ

ちなみに、モデル名に追加された「V2」。

この意味は2つあり、その1つはバーション2であること。

そして、もう一つはウェッズの創立55周年を意味。

5=V
55=VV

つまり、Vが2つで「V2」。

こういう、知る人ぞ知るサブストリーを用意するのもクレンツェならでは。

ファンにとっては、こんなエピソードが堪らなかったりする。

カラーは2種類。こちらは「ハイパークローム」のクレンツェ バズレイアV2。

こちらは「シルバーポリッシュ」のクレンツェ バズレイアV2。

最後にスペック。詳細は以下の通り。

インチは19インチのみだが、なんと15Jの極太サイズをラインナップ。

これはクレンツェの現行モデルにはない特別サイズである。

#03
レクサス、クラウンオーナーに
おすすめのホイール

クレンツェ バズレイアは個人的にも大好きなモデルだっただけに、またセダンに履かせたユーザー車が見られると思うと嬉しい限り。

現行のレクサスやクラウンに履かせたら、どんな風になるんだろう? セルシオなどの当時に活躍した車輌のオーバーフェンダー仕様には絶対に似合うだろうなぁ。

そんな風にワクワクした気持ちにさせてくれるホイール、それがクレンツェ バズレイアV2なのだ。

関連記事:まだまだあるぞ!【特集】VIPセダン用ホイール 絶対注目!

●VIPスタイル編集部

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です