一周廻ってセダンが1番!

【最新号情報】VIPスタイル 2022年8月号

VIPスタイル

2022年8月号(6月24日発売)

ご注文は「コチラ」から

 

VIPスタイル

【完全保存版】
終わりなき旅
VIPは永久不滅

本号の表紙を飾ったのは、ご覧の50センチュリー。日本を代表する最高級車であり、たとえお金があっても乗るには覚悟の要るクルマ。それをイジるというのだから、生半可な気持ちでは許されない。胸を張って誇れる真のVIPセダンを作るために、果てしない道をひた走る。

 

VIPスタイル

全97台一気見せ!
イベントレポート

どの会場もオーナーたちの笑顔でいっぱい。自慢の愛車をみんなに見てもらって、同じVIP好き同士で色んな話をして。やっぱり、イベントは最高。これ以上に楽しいことはある!?って感じ。今回、VIPスタイル編集部は5会場を巡って来ました。そこで輝いていた97台を一気見せします。参加した人も・しなかった人も、思う存分、めちゃめちゃ楽しいイベントの雰囲気を堪能してくださいね。

 

VIPスタイル

日産VIP
インパル731Sの共演

VIP創生期を彩り、現在も熱狂的なファンが多い31シーマ。90年代は様々なメーカーからエアロが販売されたが、今となってはほぼ廃盤。純正リップ&マッドガードでシンプルに乗る人も多いが、フルバンながら小振りサイズで車高短でも乗りやすいことから、インパル731Sのエアロを愛用するユーザーも多い。当然こちらも絶版で、ネットではプレミア価格が付いている。今回はそのインパル731Sを纏った、2台の31シーマをご紹介。

 

VIPスタイル

ドリフトVIP
プロジェクト

VIPセダンの真骨頂はドレスアップ。しかしクルマ自体は排気量が大きく、大半がFR。実は走りの素質も秘めている。VIPの現状に満足していない人に、2つのメーカーが提案するのは何と「ドリフト」。その真意を聞いた。

 

VIPスタイル

エイムゲインが
選ばれる理由。

基本はエアロメーカーでありながら、ここまでホイールがウケている例も珍しい。エイムゲインのボディキットを付けているから、だけでなく、純粋にエイムゲインのホイールを求めている人も数多い。販売を始めてから10年以上。本家ホイールメーカーを食う勢いで、今なお支持者を伸ばし続けているエイムゲイン製ホイール。その魅力は一体なんだろうか。

 

VIPスタイル

【小冊子付録】
孤高のブランド
クレンツェの軌跡

「クレンツェ」と「VIPスタイル」の出会いは2002年、東京オートサロンの会場だった。当時、すでにクレンツェは有名な存在で、VIPオーナーたちに一目を置かれていた。あの日から20年。名を変えず、方向性も変えず、必ず年に1本、新作を出し続けてきた。これがどれほどまでに大変な偉業であるか、分かるだろうか。流行り廃りを一切無視し、唯一無二の孤高の存在としてあり続ける。VIPのためのホイールである「クレンツェの軌跡」を、本誌の秘蔵写真と共に振り返る。

 

VIPスタイル

目次(VIPスタイル 2022年8月号)

◉注目企画
【完全保存版】終わりなき旅 VIPは永久不滅
【今月の表紙車】50センチュリー × 西山航司(熊本県)
【徹底取材】全97台一気見せ! イベントレポート
【特別企画】エイムゲインが選ばれる理由。
【注目企画】ドリフトVIP プロジェクト
【人気企画】一車入魂 × 木村歩(北海道)
【トップの世界観】強者の哲学 × 堀田裕之(岐阜県)
【本誌老舗企画】THE DEBUT! × 柳原壱(埼玉県)
【絶対注目】日産VIP × 大林一樹(大阪府)
【人気連載】ネオドレ × 30セルシオ

◉NEW WHEEL COLLECTION
・ワーク シュヴァートSG2
・スーパースター シェブロンレーシングS2

◉RECOMMEND
・TMオートパーツ(プリズムⅡ / 51系用エアロ&マフラー)
・ファイナルコネクション(ステルス ベーシック)

◉レギュラーコーナー
・Kブレイク・大林一樹のおおもりごはん
・VIPプラモ道
・ピース・田部井サンの「一日編集長」日記
・読者プレゼント
・お知らせ

◉VIPスタイル編集部
2022年8月号(6月24日発売)