一周廻ってセダンが1番!

【LC / エイムゲイン スポーツ / エアロ】3Dモデリングの造形美

エイムゲイン×LEXUS LC
3Dモデリングの造形美

アンダーフラップ系のスポイラーには何かと利点が多い。

レーシングカーに使われるようなカタチが分かりやすくスポーティに演出してくれるし、薄型だからロードクリアランスも確保できる。

純正バンパーに付けるタイプなら、ベース車の雰囲気を大きく崩すこともない。

流行っているのも頷けるというもの。

しかしその構造とサイズから、オリジナリティは出しにくい。

それでいて、工夫なく作ろうものなら安っぽい板のようになってしまう。

簡単そうに見えて、実はかなり難しいのがアンダーフラップなのだ。

そうしたことを踏まえて、エイムゲインは今回、“3Dデジタルモデリング”を採用。

これは簡単にいえば、純正ボディを3Dスキャニングでデータ化し、それに対してデジタルでエアロ造形していく手法。

同社ではLX570に続く2度目の試みで、ちなみに今回ほぼ同時に開発したLS500hについても、このデジタルモデリングが使われている。

最大のメリットはハンドメイドでは表現できない複雑な曲線、曲面を緻密に実物化できること。

例えば各アンダーフラップの断面をスクエアではなく楕円形にして、そのカタチを箇所によって潰し気味にしたり、膨らませたり、傾斜角度を微妙に変えたり。

あるいは膨らんだ面と逆ゾリの面を混在させ、それを寸分の狂いもなく左右対称に仕上げたり。

そうした技術を駆使して、F・S・Rのアンダースポ&ディフューザー、フロントダクトフェンダー、GTウイングを製作。

そのすべてにコンマ1ミリ単位で「エイムゲイン独自の」デザインを投入した。

ここで紹介している写真でも、そうしたこだわりの片鱗を味わうことはできるだろう。

しかし、エイムゲインスポーツ・LCの本当の凄みは、正確には生で見ないと伝わらない。

それは小手先のデザインではなく、微に入り細を穿つ作り込みで勝負するボディキットだからこそ。

本物のクオリティを追求した結果なのだ。

問い合わせ
エイムゲイン
http://www.aimgain.net

【こちらも要チェック】
エイムゲイン大特集!
<ファン必見>

●VIPスタイル編集部
掲載:2018年4月号
文=佐藤 知範 写真=高原 義卓