一周廻ってセダンが1番!

エイムゲイン 伊藤博志のDIY ( メタルプレート編)

伊藤博志のDIY –Do It Yourself-
簡単DIYチャレンジ

今月は[ メタルプレート ]を取り付けます!

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

今月のデータは(難度:★★★★★)(時間:約30分)

 

AIMGAIN メタルプレート
[ 問い合わせ ] エイムゲイン tel. 082-427-2334 http://www.aimgain.net

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

愛車に「特別感」が漂うようになるメタルプレートの装着にチャレンジ!

エイムゲイン ファンのマストアイテムである、メタルプレートが仕様変更。昨今、レクサスをはじめとする主要自動車メーカーが、細身のエンブレムを採用しているのを受け、エイムゲインのメタルプレートも気持ち細めにマイナーチェンジ。より今風かつ、スタイリッシュな雰囲気に進化した。

ということで、今回はメタルプレートの取り付けにチャレンジ。

難易度は五つ星で、最も簡単なレベル。長年、このDIYコーナーを続けてきたが、その中でも1位・2位を争うほど簡単にできる。

記事の中では「ゴムトレーサー」という便利な道具も登場するが、基本的に使うのは「釣り糸」と「マスキング」と「パーツクリーナー」の3つで、時間も30分程度あれば難なく完成まで持っていける。

メタルプレートのDIYは超簡単かつ、部品自体も小さめだが、装着後のドレスアップ効果は大きい。これ一つで特別なムードが想像以上に生まれ、もし後続車にクルマ好きが乗っていたなら、それきっかけで、ジロジロと見られるに違いない。

今回はLEXUSエンブレムと交換という定番に挑んだが、フラットなら、ドア下やCピラーやウインドウなど、他の場所にも貼れる。
ぜひ、このメタルプレートで愛車に特別感をプラスしよう。

 

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

エイムゲイン メタルプレート(価格:5500円)
リニューアルしたエイムゲインのメタルプレート。サイズは天地21ミリ、左右170ミリ。前仕様よりも10ミリほど左右幅が細くなり、スマートになった。

 

あると便利な道具をご紹介!

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

釣り糸、マスキング、パーツクリーナーの3点は必須。カチカチに固まったシール跡を取るのに便利なのが「ゴムトレーサー」。ドリルなどの工具の先につけて使用する。消しゴム感覚でシールをキレイに剥がせる。

 

STEP1  釣り糸で剥ぎ取る

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

隙間に釣り糸を入れてグリグリ。釣り糸はこまめに交換すること。粘着シールやゴミが付着した釣り糸を使い続けると、それらを引きずってキズがついてしまう。

STEP2  シール跡を指で取る

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

エンブレムを取ると、必ずシールの跡が残る。それは指で擦って剥がすのが一番。極めて原始的なやり方だが、この方法が最もボディをキズつけにくいのだ。

STEP3  秘技・ゴムトレーサー

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

シール跡がカチカチで、指で剥がすのが不可能な場合はゴムトレーサーの出番だ。キレイに剥がせるが、その反面、キズもつきやすいので使う際は慎重に。

STEP4  仮合わせで位置決め

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

エイムゲインのメタルプレートを仮合わせ。近くからだけでなく、離れた場所からも確認し、バランスのいい位置を探す。成功を左右する最も大切な作業だ。

STEP5  必ず表面を脱脂する

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

貼り付ける位置が決まったら、マスキングでガイドラインを作ること。その後、パーツクリーナーで表面を脱脂。油分が残っていると、すぐに剥がれてしまうのだ。

STEP6  貼り付けは一発勝負!

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

最終工程。貼り付けは一発勝負。ガイドラインに沿って慎重に。上手く行ったらウエスでギュッと圧着し、メタルプレート表面を脱脂して仕上げれば、完璧だ。

 

 

エンブレムを変更すると、愛車のムードは想像以上に激変!

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

ドア(下側)

エイムゲイン 伊藤博志のDIY

トランク

◉VIPスタイル編集部
初出:2021年8月号