一周廻ってセダンが1番!

【スーパースター レオンハルト ガイスト】数々の革新要素を注入

数々の革新要素を取り込んだ
意欲的な最新のレオンハルト

まずは早速ローダウンされた50系こと、新型LSに目が持って行かれるだろう。

ロングボディを標準とし、さらにCピラーの傾斜を強めてクーペルックになった新型LS。

その伸びやかさが一層強調され、実にエレガントである。

恐らく雑誌としては最速の公開ではないだろうか。

これは九州のガレージアンサーの手によるもので、高級車ドレスアップに手慣れた業界の老舗として、流石の一言に尽きる。

しかし、ここで注目すべきはローダウンされた新型LSではなく、足もとに奢られたホイールの方だ。

スーパースターが2018年モデルとして来年3月に送り出す、レオンハルト ガイストである。

目を引くのは螺旋状に配置されたスポーク。

近年流行しているツイステッドデザインを、メッシュデザインに融合したのが特徴だ。

「捻りを加えたことでスペースを稼ぐことができ、それにより足の長いメッシュスポークを実現できました。“メッシュ=定番デザイン”という概念を覆す、躍動感が自慢です」と、スーパースターの神山サン。

 

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

もちろん現在の主流であり、前作のシュタインで好評だったコンケーブも採用。

“捻り”と“コンケーブ”という革新的要素をダブルで取り入れたガイストは、まさしくこの50LSを筆頭にした現行車にドンピシャの逸品と言えるだろう。

さらに、ナットを見せるオープンタイプ(フェイス1・50LS装着)と、ナットを隠すカバータイプ(フェイス2・10GS装着)、センターパートのデザインが異なる2つのディスクを用意したのも、ガイストの見逃せないトピックである。

「かつてラインナップしていたレオンハルト リッターⅠ/Ⅱからインスパイアされたもの。ナットの有無で、エレガントにもスポーティにも、またモダンにもクラシカルにも、印象は変化します。お好みの仕様に合わせて選んで欲しいですね」。

□問い合わせ
スーパースター http://www.superstar-wheel.com

まだまだあるぞ!
スーパースター大特集

●VIPスタイル編集部
掲載:2018年2月号
文=内田 俊輔 写真=西野 キヨシ