一周廻ってセダンが1番!

【WALD カエデK11-C】インパクト抜群の和柄模様が個性的

VIPスタイル

【WALD ホイール】
インパクト抜群の和柄模様が個性的
クラウンオーナーに捧げる、注目の最新作

モデル名:カエデK11-C

ヴァルドが今年3本目の新作ホイールをリリース。ひと足先にデビューしたトスカとイリマは2ピースモデルで、LSとLCがターゲットのモデルだった。そして、この新作はずばり、クラウンがターゲットである。

「カエデは1ピースモデルで、クラウンにベストマッチなサイズを用意しております。デザインは日本の和柄でよく使われている幾何学模様。クラウンの足元にさり気なくインパクトをプラスできます」とヴァルドの松下サン。

リムに向かうスポークのギザギザな感じ。これがカエデというネーミングの由来。カエデの葉のような有機的な、規則性のある形状が魅力的だ。

その直線的かつエッジの効いたスポークの間には、それとは別の柔らかな曲線のスポークを投入。

「直線と曲線。この2つのラインを組み合わせることで、想定通り、ホイール全体に立体感が出せました。また、カエデは厚みのあるデザインで、今までのヴァルドにはなかったホイールに仕上がったと思っています」。

カラーはご覧の2色設定。サイズも2種類用意しているが、まずは20インチからスタートさせ、少し遅れて22インチをデビューさせる予定だ。

インパクト抜群のカエデ。豪華一点主義狙いのクラウンオーナーは、要チェックの最新ホイールである。

問い合わせ
ヴァルド http://www.wald.co.jp

 

まだまだあるぞ!
WALD特集
情報盛りだくさん!

●VIPスタイル編集部
掲載:2018年8月号
文=田中 覚 写真=白谷 賢