一周廻ってセダンが1番!

【15クラウン / オーナー車】「VIPカー」を強く意識し、真正面からVIPらしさを追求。

OWNER:小林 亮介(熊本県)

【15クラウン】
「VIPカー」を強く意識し、
真正面からVIPらしさを追求。

カスタム系ではなく、「VIPカー」というのを強く意識して作り込んだ15クラウン。

サイドステップまで広げ、存分にワイド感を主張するオーバーフェンダーを作ったのも、もちろん、往年のVIPテイストを表現するためだ。

それぞれのバンパーはニコイチ仕様だが、デザイン自体を大きく変更することなく、しっかりと各メーカーの特徴を生かしているのも、この15クラウンのポイントと言える。

4ミリの落とし込みで、高級感を崩すことなく、さり気なくアクセントを追加したボンネットも必見。

センチュリー純正の瑞雲でのオールペンからも、彼の強いこだわりを感じる。

さらに、ホイールはアメ鍛をチョイスしたというのも、実に面白い。

ニコイチエアロやオーバーフェンダーといった大技だけでなく、随所に投入した気の利いた技でも、大いに目を引かせる。

さすが、VIP歴13年のベテランオーナーだけある。

SPEC:●エアロ:(F)エイムゲイン+ブレーン(S)エイムゲイン+JOBデザイン(R)エイムゲイン+ヴァルド ●フェンダー:オーバーフェンダー(F)7㎝(R)13㎝ ●ボディカラー:センチュリー純正瑞雲 ●ホイール:VIPモジュラーVR13 19inch(F)10.5Jプラス6(R)12Jマイナス74 ●足まわり:ボルドワールドエアサス

クルマをキレイに保つために、足まわりはボルドワールドのエアサスに。Tディメンドのアームもフル装備している。独創的なデザインのアメ鍛を装着。抜かりなく、ブレーキにも手を入れている。リアバンパーはワゴン用で、左右を2センチずつ縮めて幅を合わせた。室内はオレンジをメインにフル張り替え。ダイヤパターンがオシャレ。スエードやレザーやパンチングなど、素材を細かく使い分けているのがポイント。

【特集】
絶対に参考になる!
クラウンオーナー車
厳選紹介

●VIPスタイル編集部
掲載・2017年8月号
撮影イベント・第3回がばいCUP