国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【18マジェ】リメイクを重ね進化。ブリスター+オバフェンにも挑戦。

掲載・2017年8月号
撮影イベント・第19回UNION杯
OWNER:鈴木 勝樹(愛知県)

18マジェでは珍しいブリスターオバフェン

SPEC: ●エアロ:(F・R)ブレーン(S・W)ワンオフ ●フェンダー:ブリスターオーバーフェンダー(F)8㎝(R)15㎝ ●ボディカラー:ローバー純正アマランスパープル ●ホイール:レオンハルト イェーガー 19inch(F)10J(R)12J ●足まわり:ユニバーサルエアーエアサス

リメイクを重ね、長年かけてコツコツと愛車を進化させてきたオーナー。今回は色を塗り替え、ブリスター+オバフェンに挑戦してきた。「あえて昔っぽいカタチを18マジェに合わせてみました」。

出幅はF8・R15センチとかなりのボリューム。オバフェン部分もくっきり系なので存在感はあるが、ブリスターが土台となっているお陰で、出過ぎている感はなし。丸い18マジェのボディラインにも、意外なほど馴染んでいるのが特徴だ。

また、この流れるようなブリスターラインに合わせてハネも製作。薄くシャープに造形し、根本はCピラーに若干掛かるほど伸びやかに。シンプルながら他にはない意匠である。

ボディ色はローバーミニ・スポーツパックLTD専用カラーのアマランスパープル。日陰では落ち着いて見えるが、日向ではパッと明るく鮮やかに発色する。この辺りの選択も、ちょっとマニアックかつ個性的。

前後バンパーはブレーン加工。リアのサイド面にはスリットダクトを刻み、マフラーは斜めダブル出しでスポーティに。穴は開けず凹みで見せるフェンダーダクト。ホイールはイェーガー20インチに履き替え。根本を長く伸ばしたワンオフウイング。跳ね上げ角度は控えめにした。ドアノブの高さからパキっと出したブリスターに、根本を軽くぼかしたオバフェンの組み合わせ。ボンネットもうっすらライン加工。