雑誌『VIPSTYLE』公式サイト

【完全保存版】VIPスタイル表紙プレイバック・VOL.1(2000年11月号)〜VOL.8(2001年6月号)

2000年にVIPスタイルが誕生してから20年を迎えた。

20周年を記念し、これまでのVIPスタイルの表紙をプレイバックする企画を敢行!

記念すべき第一回目は、創刊号のVOL.1(2000年11月号)からVOL.8(2001年6月号)まで8冊をずらり紹介する。

とくとご覧あれ。

VOL.1(創刊号・2000年11月号)21セルシオ

VIPスタイル

21セルシオ・菊池聡サン

96年頃からVIPオーナーとして頭角を現し、97年春にはいち早くアドミレイションの10セルシオ用ブリスターキットを組み、トップオーナーとしてその名を轟かせる。

98年秋、20セルシオに乗り換えて仕様変更を繰り返し、2000年の今年、フルチェンジを決意。

この姿でデビューしたのは5月2日の晩。ホームグランドである東京湾岸高速の大黒サービスエリアでデビューを果たし、一躍注目を集めた。

(文はすべて当時の記事から抜粋)

VOL.2(2000年12月号) MS9

VIPstyle

MS9・藤森孝志サン

本誌2号で表紙を飾るのはミドルVIP。トータル的に仕上げ、オーナーの個性を色濃く出したMS-9である。

一見派手だが、よく見るとボディワークはシンプルに仕上げられている。

大きな延長は控え、フェンダーからボディアンダーに繋がるラインも実に自然。

車高調を組んだ足まわりでは、オーナーが一番重要だと話すワイド&ローを実現。「車高の低さはクルマの基本ですからーー」。

エアロ:トラディション加工
ホイール:ケーニッヒ モンスター
足まわり:ビルシュタイン車高調

VOL.3(2001年1月号)14クラウン

vipstyle

14クラウン・石崎順一サン

エアロはエボリューションをフル加工。リップは全体的に前に延長。先端を引っ張り出すような手法は避け、滑らかなシルエットを意識して全体的に手を入れた。

カラーはシルキーパール。去年出た三菱の新色で、やはり品の良さが選択理由。

フェンダーも見所。出し幅勝負ではなく、F3・R4センチとさり気なく出した。

ボディ全体を引き締めているのはブラックアウトしたメッキモール。そして、ワークVS-XXも黒ディスクをチョイスしている。

エアロ:エボリューション加工
ホイール:ワーク VS-XX
足まわり:データシステムエアサスキット

VOL.4(2001年2月号)32グロリア

vipstyle

32グロリア・三輪佳人サン

ヨーロピアン仕様、スポーティ仕様と仕様変更してきた彼が辿り着いたのが、このシンプル仕様。

注目はブリスターで、なるべくカタチは丸くし、いかにもつけましたという感じにはしない。

小振りに見せるために、ラインをリアドアの1/3ほどで終わらせているのはそれゆえ。

BMW用スモークヘッドライトを移植。フォグも純正に近いカタチのランクルシグナス用を選択。分かる人には分かるという、彼ならではの美意識が詰まった一台。

エアロ:(F)エボリューションV2加工(S)ジャンクションプロデュース加工(R)ニスモ加工
ホイール:ヴァルド ドゥシャトレ
足まわり:ウイン車高調

VOL.5(2001年3月号)インフィニティQ45

vipstyle

インフィニティQ45・高山博通サン

初めてクルマを作った時から、彼のドレスアップのテーマは大人のVIP。この仕様はその追求の末の結果である 。

賞を獲るには色で目立つ、カタチで目立つという考え方もあると思う。

「だけど、僕は『これが一番好き』っていうのがあるんで、そのこだわりを通してきた」。

絶対に譲れないのがツライチ。ポイントはタイヤサイズとフェンダーアーチのバランス。「ツライチは最終的にはタイヤに行き着くんです」。

エアロ:(F・S)ジャンクションプロデュース加工(R)ワンオフ
ホイール:オートクチュール シュプレム
足まわり:JIC特注+自作加工
フェンダー:叩き出し(F)2センチ(R)3センチ

VOL.6(2001年4月号)10レクサス

vipstyle

10レクサス・辰吉丈一郎サン

日本が誇るカリスマボクサー・辰吉丈一郎選手。愛車であるレクサスが、このほど最新仕様して変化を遂げた。

全身が見所だが、特に必見なのがリアブリスターダクト。職人の手作業によって、丸みを帯びた美しい曲面を描いているのが特徴だ。

辰吉サン曰く、「人と違ったようなやり方をしたいという気持ちは、みんな誰でも持っているものだと思うんですけど、僕もクルマを自分なりに変えたりというのは好きなんですよね」。

VOL.7(2001年5月号)15マジェスタ

vipstyle

15マジェスタ・中山徳彦サン

現行の15マジェスタをドレスアップ。「まだ誰もVIPでイジっている人はいませんでした」。

やればきっと目立つ、そう確信した。

こだわりはワンオフフェンダーで、現行車のフェンダーを切るのは覚悟がいったが、後ろから見た時にポルシェっぽい、モッコリとしたカタチを追求して製作。

全塗色は人気のキャンディ系ワインレッド。下地だけで2~3回、赤は10回以上も重ねたそう。

各所を黒で効果的に引き締めているのもポイント。ブラック効果は絶大だ。

エアロ:TMオートパーツ
ホイール:ワーク マイスター
足まわり:エアサスキット

VOL.8(2001年6月号)33シーマ

vipstyle

33シーマ・西谷昭彦サン/紀宏サン

クルマのイメージは、「サメというかシャチというか。そういうのが好きなんです」。

先端にエッジを効かせ、リップの延長はやらず。そこがポイント。

カード1枚も入らない恐るべきツライチセッティングにも注目。足まわりはJIC車高調、ホイールはドゥシャトレ。

フェンダーの出し幅はF2センチ、R3~4センチ。

文字通り、純VIPの極みである33シーマ。現在のシンプルの流れである「純正風なのにやっている」仕様。

その代表格として注目の一台である。

エアロ:オートクチュール加工
ホイール:ヴァルド ドゥシャトレ
足まわり:JIC車高調




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です