一周廻ってセダンが1番!

高槻メッセ 2022

オーナーたちを喜ばせたい。それが開催した一番の理由。

コロナのせいで、毎年恒例の大阪オートメッセの出展は見送りに。

しかし、それで終わらないのがスパークファイン。

急遽、自社にて『高槻メッセ』を開催することに。

高槻メッセ

高槻メッセ

高槻メッセ

高槻メッセ2022 開催概要
会期:2022年2月12・13日
場所:スパークファイン
(大阪府高槻市玉川1-1-3)

Q. 今回の催しを開催した理由は?

「今回はコロナの関係で大阪オートメッセを辞退しました。本来は4台の車輌を出展する予定だったんですが……。

このままでは、オーナーたちのモチベーションが下がってしまう。大阪オートメッセは大きな目標なので、その目標がなくなってしまうと、志気が下がってしまうんじゃないかなって。

そこで、急遽、出展予定だった4台の車輌を店の前に並べて、みんなにお披露目する機会を作ろうって思ったんです」

高槻メッセ

スパークファイン
代表・喰田祐司
http://www.sparkfine.com

Q. この手の催しは初めてですか?

「初めてです。ですので、上手くいくか心配でした。

だけど、やれることはやろうって。ウチのお店は地面がアスファルトなんですが、せっかく展示するのに、それだと味気ない。

ちょっとでも大阪オートメッセの会場のような雰囲気を出したくて、張り切ってレッドカーペットを用意しました」

Q. そこまでするのは凄いですね。

「そうですね、大変でした(笑)。

だけど、お金をかけて作ったクルマを盛大にお披露目するとなると、これぐらいはしないとなって。

ちょっとでも、オーナーたちを喜ばせたいですから。僕にとって、それが何よりも大切なことなんで」

LEXUS LS

高槻メッセ

スパークファインの看板車が島内サンの愛車。

「僕らのために、素敵なステージを用意してくれた喰田サンには感謝しかありません。

高槻メッセで沢山の方に見てもらえて、本当に嬉しかったです」。

高槻メッセ

ボディカラーは銀影ラスターでオールペン。前後バンパーはKブレイク加工。

高槻メッセ

インテリアはシンプルに。3色のシルバーの生地でフル張り替えしている。

高槻メッセ

リアシートにはなんとオーディオをインストール。巨大なウーハーはインパクト大。

HONDA STEP WGN

高槻メッセ

銀影ラスターでオールペンし、驚異的な輝きを手に入れた清水サンのステップワゴン。

完成度の高いブリスターフェンダーも自慢。

作り込んだインテリア&トランクも高級感を放っていた。

高槻メッセ

ブリスターフェンダーはF3.5・R5センチ出し。ホイールはワークのVS XVの20インチ。

高槻メッセ

高級感あるインテリアも必見。ヘッドレストにはスパークファインのロゴをあしらった。

高槻メッセ

トランクにはロックフォードの機材をインストール。光モノをあしらい、華やかなムードに。

TOYOTA ESTIMA

高槻メッセ

オーナーはワゴン歴20年の横川サン。

フロントはアヴァンツァーレで、開口部を加工し、よりシンプルに。

オバフェン&ツライチも必見ポイント。

あえて、Gグレードをイジっているのもこだわりだ。

高槻メッセ

オーバーフェンダーはF3.5・R5センチ出し。ホイールはワークのバックレーベル ジーストBST1の20インチ。

高槻メッセ

パネルの雰囲気をさり気なく変更し、高級感をアップさせているのがポイント。

高槻メッセ

限りあるスペースを見事に使い切り、各機材をバランス良くインストールしている。

☆ ☆ ☆ ☆

急な催しにも関わらず、レッドカーペットまで手配するのが、代表の喰田サンらしい心遣い。これがあるか、ないかでは雰囲気が全然違う。

開催日は大阪オートメッセと合わせたこともあり、その流れでなんと100人近い人が、『高槻メッセ』を見に来てくれたというから凄い。

「僕にとって一番大切なのはオーナーたち。そんな彼らが心から喜んでくれたのが、何よりも良かったです」とスパークファインの喰田サン。

高槻メッセ

高槻メッセ

高槻メッセ

高槻メッセ

高槻メッセ

Q. 改めて、ショップの特徴は?

「手の込んだ改造をいっぱいしているんですけど、ショップの特徴というか、大切にしていることは、キレイさの追求です。

純正クオリティというか、不自然じゃないっていうか、そういう作り込みにこだわっています」

Q. 塗装も得意と聞きましたが。

「そうですね。塗装は得意分野の一つです。

今回は銀影ラスターという、レクサスの純正色に挑戦しました。オールペンを2回するような感じの特別な色で、手こずりましたが(笑)、上手くいって良かったです」

Q. ショップの雰囲気は、かなり上級者向けって感じですが、実際はどうなんでしょうか。

「そんな雰囲気なんですけど(笑)、実際はそんなことはないんですよ。

例えば、ホイールだけとか、タイヤだけとか、そういうのも受け付けています」

Q. この業界は何年になりますか?

「19年目。来年は節目の年。それに向けて今年も頑張ります」

Q. 改めて、VIPをやって良かったことは?

「こんな催しをするよって言うと、本当に全国から仲間がいっぱい集まってくれて。

そんな仲間が沢山できたっていうのが、一番、VIPをやってきて良かったことだなって思います」

◉VIPスタイル編集部