一周廻ってセダンが1番!

【50インフィニティQ45 / オーナー車】入賞と雑誌掲載を目指し、オールペンと内装に着手

オーナー:HIROYUKI YATSU × 50INFINITI Q45

【50インフィニティQ45】
入賞と雑誌掲載を目指し、オールペンと内装に着手

以前はエアロや足まわりなど、純粋にドレスアップを楽しむに過ぎなかった谷津クン。

しかし、友だちに誘われて初めてエントリーしたイベントが、内に秘めたるドレスアップ欲を掻き立てた。


「一般席で、かつ場所が悪かったというのもあるんですが、自分のクルマをあんまり見てもらえなくて。あの時はとても悔しかったですね」。

そこで、イベントの賞争いに絡むことと雑誌掲載を目標に、初めての大掛かりなリメイクを決意。まず目を付けたのがボディカラー。

ギャラリーに立ち止まってもらうことを念頭に、パールホワイトからワインレッドへの全塗装を検討。

だが多くのライバルがその色を採用することを懸念し、直前でジャガー純正ブリティッシュグリーンに路線変更した。

「トヨタ系のグリーンだと暗すぎるんですが、これは深みがある上に、暗すぎないところがハマりました」。

しかし、ボディカラーだけでは目標を達成させるのは難しい。

トータルで完成度を高めるためには内装にも手を加える必要がある。

でも、ポップなカラーリングで目を引かせるのは、「シンプルに大人に」というドレスアップのコンセプトから外れてしまう。

そこで指名したのが淡いクリーム系のカラーである。

「派手系の内装が多い中、あえて落ち着いた色で張り替えてもおもしろいと思いました」。

もちろん谷津クンがこだわったのは色だけではない。シートはトレンドのキルト柄ではなく、シートヒーターなどを損なわないパンチングを採用。

デザインも重要だが、あくまでも純正風が最大のコンセプトだ。

そうして完成した現仕様を引っ提げ、2017年11月に開催されたディメンションカップにエントリー。

見事、目標のひとつでもある部門3位に入賞することができた。

「賞レースに絡まないとダメだというプレッシャーがあったんですが、無事に入賞できて安心しました」。

翌月のユニオン杯では初の雑誌取材も経験。それをきっかけに今回の見開き掲載に至った。

「目立ちにくい仕様なので、その中でもこのクルマを選んでもらえたことが、純粋に嬉しかったですね」。

【特集】シーマ
シーマ好きはコチラも要チェック!

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider

 

●VIPスタイル編集部
掲載:2018年4月号_THE DEBUT!_#1142
文=幸谷 亮 写真=奥山 貴嗣