国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【51フーガ】ロングノーズで導く、他を蹴散らす威圧感

51FUGA,VIPSTYLE

掲載:2018年8月号_巻頭特集 オーナーたちの最新スタイリング
文=岩田 直人 写真=冨川 真一

YAMAZAKI × 51FUGA

大阪オートメッセで目にした、モードパルファム仕様の51フーガ。手がけたのは三重のプロショップ、ガレージエクセレント。当時はまだ51系をイジる人が少ない中で、発売されたばかりのエアロを身に纏い、なおかつ足まわりは着地寸前のローフォルム。これはすごい、と山﨑クンが51フーガを買うきっかけとなった1台である。またドレスアップも、自宅から遠く離れたガレージエクセレントに依頼した。
「経験豊富なショップにお願いすれば、クルマをキレイに仕上げてもらえる。あと51フーガの知識も持っているので、安心だと思いました」。
外装はエクセレントのフーガがシンプル系なので、その逆を行くスポーティ路線。エアロはディテールが緻密で、国産車離れした雰囲気を出せると思ったエイムゲイン純VIP GT。フロントは、本来バンパーに収まるはずの純正グリルがない。しかし取っ払ったわけではなく、イチから作っている。フチは前方向に伸ばし、しっかりと奥行きを付けたのがこだわり。ボンネットは一切触っておらず、グリルだけで視覚的に全長が伸びたように見せているのだ。

51FUGA,VIPSTYLE

「51フーガで純正グリルを取るという発想は、他にないと思った。ガレージエクセレントの浦田サンに相談したら、『アリなんじゃない?』と。それでグリルを前に伸ばし、ロングノーズにすることになりました」。
グリルはフィンを採用せず、メッシュを張ってスッキリ。開口部にも同じメッシュを使い、統一感を持たせた。一方リア周りのウリは、巨大な326パワーの満力ウイング。
「後ろが寂しくて、試しに合わせてみたら横幅がピッタリでした!」。