一周廻ってセダンが1番!

【18クラウン / オーナー車】インタークーラーが生きるニコイチ術

YOSHIAKI SUTO × 18CROWN

【18クラウン】インタークーラーが生きるニコイチ術
立体的なスピンドルが特徴の
エアロ同士を違和感なく一体化

高校生の頃から、とにかく18クラウンに乗りたかったという須藤クン。クルマの免許を取ると同時にベース車を購入。

イジる前提だったから、外装はフルノーマル。しかしエンジンにはトムスのスーパーチャージャーが搭載されており、買った後に気が付いたとか。

いざ乗ってみると、3・5リッターエンジンにさらなる加速感を与えるスーチャーの魅力に速攻でハマッた。

「だから外装をドレスアップするなら、この高い走行性能に見合ったスポーティな仕様が似合うと思いました」。

ユーロスポーティをコンセプトとしたエクステリアは、特にフロントマスクに獰猛な印象を感じさせる。

まず目が行くのはダミーではなく、実際に機能させている水冷インタークーラー。冷却性能を向上させると同時に、視覚的に強烈なインパクトを与える。

もちろんフロントバンパーも負けてはいない。製作ショップ・ファーストクラスのオリジナルエアロブランド、キャンドゥジャパンの40LS用を加工装着。

大きなセンターの開口部に加え、脇まで回り込ませて立体感を強調した左右の開口が大きな特徴である。

「他と被りたくないから選びました。おそらく18クラウンでこのエアロを使った人は、まだいないと思います」。
付け根は以前から組んでいたブラックパールコンプリート。ちょうどどちらもスピンドル風の造形を採用していたこともあり、グリル周辺はブラパル、開口部はキャンドゥジャパンのいいとこ取り。

さらにフォグはカタチが個性的なLS後期純正を移植した。

「LS用のエアロを使っているので、絶対に似合うと思って採用しました」。

キャンドゥジャパンのLSはフォグレス仕様なので、スマートに収めるためフォグ枠を製作。押し出し感溢れるスピンドルとのマッチングも上々だ。

クルマのキレイさを保ちたく、自由に上げ下げできるイデアルのエアサスでローダウン。フロントのナックルはショートタイプに変更。

ラインをサイドステップに繋げたフェンダーダクト。奥行きの深さも注目。

マイスターは純正フェンダーの頃から履き続け、深リム交換で一新した。

ドアパネル下から張り出しを効かせたワンオフのサイド。3D感が見どころ。

ツヤ消し黒で塗られたフォグの枠は、好みで取り外しできるように別体式。

グリル下はガンメタ、リップは低さを強調するため明るいシルバーで塗る。

ボディ色はレクサスRC F純正色、ヒートブルーコントラストレイヤリング改。ギラギラ感を少し抑え、透明感のある色合いを強調させた。

ワンオフグリルは18系では珍しいメッシュ張り。ラインを加えて立体的に。

インタークーラーは汎用品。トムスのロゴを入れてやる気をアピールする。

カバーもRC Fのブルーでペイント。こちらはアレンジを加えず、本来の輝き強めな色となる。

リアビューもフロントマスクに負けず劣らず刺激的。リアバンパーは角を立てたディフューザーの造形や、大胆に使われた光モノに惚れ、ブラックパールの210クラウン用をニコイチ。カタチは極力変えていないが、後付け感が出ないように同エアロをニコイチした他のクルマを事前に研究した。

「こだわったのはディフューザー上部のフチ。ここのアールを18クラウン側に合わせて滑らかに仕上げて、いかにもニコイチした感を抑えています」。

そしてFRPで製作した、ワンオフのブリスターフェンダーも見て欲しい。出幅をかなり大きくし、さらに広範囲で膨らませているため、斜めから見たボリューム感は「圧巻」のひと言。しかしこういう出し方は真横から見るとのっぺりしがちになり、フェンダーのワイド感が伝わりにくい。そこでリアのドアパネルを加工して、シングルダクトを追加。深く押し込んでいるため、横から見てもフェンダーの存在感が際立っている。また、サイドのメッキモールも同様の理由であえて曲げ加工はせず、意図的にフェンダーと高低差を付けることで立体感を強めた。

「給油口もフェンダーとツラにする人が多いですが、ここも横からの見た目重視で凹ませたままにしました」。
どこから見てもボリューミー。それが須藤18クラウンの強みである。

「ワイトレで外に出すのはあまり好きじゃないので」、スペーサーを使わずにリムガードでツライチ。 ナチュラルなキャンバー角で自然な重厚感を実現。

フィンはシルバー、凹みはツヤ消し黒、マフラー上はガンメタと細かく塗り分け。エアロが持つ3D感を引き立てる。小さなルーフスポはモデリスタ。

テールはフルLED化。ブレーキは光が中心から外側へと、花火のように流れる。

ブラパル210クラウンの特徴となる、丸型ランプとリフレクターはそのまま生かす。

脇のダクトは若干ワイド化。逆にボトムの張り出しはスソの絞りに合わせて抑えた。

テールエンドは異形スクエアのAMG。タイコを追加して、音量よりも音質を重視。

奥行きのあるドアパネダクト。あえてブリスターとツラにしなかったモールにも注目。

184クラウン アスリート(18年式)
▶エアロ:(F)キャンドゥジャパン40LS用加工(S)ワンオフ(R)ブラックパールコンプリート210クラウン用加工
▶カラー:レクサス純正ブルー
▶ライト類:40LS後期フォグ、テールランプ(LED加工、リレー加工)
▶フェンダー:ブリスターフェンダー(F)15㎝(R)13㎝、アーチ上げ(F)4㎝(R)8㎝
▶足まわり:イデアルマキシマムエアサス
▶ホイール:ワークマイスターS1(F11J・R12J-19)
▶タイヤ:ナンカン(19インチ)
▶ブレーキ:キャンドゥジャパン
▶アーム類:(F)ワンオフショートナックル
▶キャンバー角:(F)5度(R)6度
▶マフラー:ファーストクラスワンオフ+AMGカッター
▶チューニング:トムスハイパーコンプレッサー、インタークーラー、専用CPU、リミッターカット
▶外装その他:ワンオフグリル、ダクト(フェンダー、リアドア)
▶内装:ツイーター埋め込み
▶オーディオ:ロックフォード

●オーナープロフィール

須藤 喜昭 (群馬県)
射手座 A型 会社員 22歳
所属チーム:Amazing Style
高速を走行中にエアロを割り、「どうせ直すなら一気にやっちゃおう」と外装をフルリメイク。もし次にやるとしたら、「ライトを加工したい。内装も張り替えてみたいです」。

【特集】
絶対に参考になる!
クラウンオーナー車
厳選紹介

●VIPスタイル編集部
THE DEBUT SELECT #1132