国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【220クラウン】ドゥ

ドゥ
掲載:2018年12月号_クラウン特集
文=田中 覚 写真=木下 誠

待望のエアロ、完成

Duex
220CROWN用エアロ
http://duex.ap-2.jp

新型クラウン用のエアロを一番最初にリリースしたのは、ドゥだった。足まわりやマフラーを得意とする新進気鋭のメーカーで、エアロ開発は今作が初である。

「220系は純正の時点で非常に完成度が高い。それを踏まえた結果、パーツを交換してガラッと雰囲気を変えるのではなく、『パーツを付け足してサラッとイメチェンする』という方向で開発しました」。

その真骨頂がグリルカバー。これはありそうでなかった画期的なパーツで、思わず、『なるほど!』と唸ったオーナーも多いはずだ。

「特に年齢が上の方たちは、巨大なグリルに嫌悪感があるようでして。グリルカバーを装着すると、馴染み深いセダンの顔付きになります」。

大胆な発想のアイテムだが、ご覧の通り、違和感がなく、意外なほどクラウン感も薄れない。しかも、取り付けも非常に簡単。ナンバープレートと共締めするだけ。それもあってか、まだ発売前だというのに、ウワサを聞きつけた220系オーナーたちから、すでに多くの問い合わせがきているそうだ。

ドゥ

そして、フロント・サイド・リア。これらのエアロパーツも、実によく考えられた作りになっている。

「特にこだわったのが装着後のバランスです。新型クラウンの足まわりや腹下を見ると、構造的に車高が下げづらいということが判明した。となると、低さを演出するにはボリュームのあるエアロが必要になる。それで不自然にならない範囲で、わざと肉厚にしているんです」。

新型を手に入れたオーナーたちは、確実に実感していると思うが、ワクワクしながらカタログで見た時よりも、実物の印象は小さい……。だが、ドゥのエアロを纏った、この新型クラウンはどうだろう。それこそ、レクサスや輸入車にも負けない迫力があり、トヨタの最高級セダンとしての威厳も感じる。なぜか?

「純正は全ての部分が、下に向かうにつれて、すぼまったカタチになっている。それが小さく見える原因だと思います。特にリアは信じられないほどケツ上がりで貧相……」。

ドゥ

ドゥのエアロは、そこも改善。先述した下方向へのボリュームアップだけでなく、前方向にもボリュームアップしているのだ。ただし、

「横から見た時に、エアロが出っ張るのは今風ではないし、走行性能にも支障が出てしまう。ですから、あくまでも出し幅は純正同等。例えば、フロントはグリル枠が一番出ているんですが、エアロの出し幅はそれに合わせているんです」。

エアロ初挑戦、クラウンが処女作なのだが、ドゥのエアロはそうとは思えないほど、完成度が高い。デザインも他メーカーとは一線を画すオリジナリティがある。しかも、それらを他社に先駆け、一番乗りでやってのけた。期待せざるを得ない、エアロメーカーの誕生である。

 

気軽にDIYで脱着できるのも魅力
オリジナルの車高調とマフラーも開発

リアのエアロの構造も、画期的で面白い。製品は見慣れた一本物ではなく、バラバラの分割式。 リアバンパー横のアンダーフラップ、中央のガーニッシュ、中央下のディフューザー。それぞれ単品を、自分の好みに応じて付け足せるよう、3分割になっているのだ。

ドゥ

その上で、アンダーフラップやディフューザー下のバーは、グリルカバー同様、DIYで脱着ができるようにもなっている。

「装着は純正のボルトとクリップで共締めすればOK。ですから、簡単ですし、位置もずれない。そして、強度を出すために追加でタッピングビスを打ち込めば、装着完了です」。

実際に取り付け作業も見学させてもらったのだが、ものの数分もしないうちに終了。これなら本当に、オーナーたちは気分によって、取ったり外したりが楽しめるだろう。

「長年、カスタムショップをやってきた経験上、エアロは取り付けやすさも大切だということを痛感しています。ですから、見た目のカッコ良さはもちろん、見えない裏側にもこだわりました。また、自分自身もドレスアップオーナーなので、自由度のあり・なしも重要だってことを理解している。イベントオーナーたちにとって仕様変更というのは、大きな楽しみのポイントですからね」。

ドゥはエアロと同時に、オリジナルの車高調とマフラーもリリース。車高調は試行錯誤中で、正式発売は年明けになる見込み。

一方のマフラー(RS2ℓターボ車用)は発売中で、純正バンパー&車検対応品。仕方がないとはいえ、純正マフラーは何とも言えない形状かつサイズ。ゆえに、社外マフラーを待ち望んでいた方も多いだろう。

ドゥの新型クラウンの開発は、これだけでは終わらない。シートカバー、マット、ブレーキ、フォグカバー、ダクト付きフロントフェンダー、ルーフスポ、トランクスポと、今後も続々とリリースしていく。

「新型クラウンに関しては、何でもやろうって思っています」。

まだまだパーツが少ない新型クラウンのオーナーたちにとっては、何よりも心強い宣言である。

 

バックナンバー購入ページ