VIPスタイル
since.2000
dress up magazine
VIPSTYLE
VIPSTYLE WEB
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
210マジェスタ
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
平成の名車
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
previous arrow
next arrow
Slider
雑誌『VIPSTYLE』公式サイト

【210マジェスタ】
TFLコンプリートを代表する一台

210マジェスタ

初出:VIPスタイル2017年10月号
文=佐藤 知範 写真=木下 誠

たとえ同じパーツを選んでも、こうはいかない。

OWNER:岩手県/藤原あつし

シンプルを志すなら、TFLコンプリートの名を知らない者はいないだろう。現行車を容赦なく落とし切り、高級ホイールを履かせた黒ボディの軍団。かつてのシンプルブームを盛り上げ、牽引したのも彼らだった。時代は移り変わり、ユーロやスーパーカー系など派手な仕様がもてはやされても、TFLは何も変わらない。この藤原マジェのように、ただただシンプルに低く、それでいて他とは明らかに違う、“本物”のオーラを纏い続けている。

・ ・ ・ ・ ・

かつて18マジェに乗っていた頃、神林サンに誘われてTFLコンプリートに加入。その後、200マジェで本誌カバーカーの座をゲット。さらにその後はLSに乗り替えるも、半年ほどでこの210マジェにチェンジ。VIPでは同じ車種に長くこだわり続ける“一車入魂”のオーナーも少なくないが、藤原サンは実にサクサクと乗り替えを繰り返してきた。

「やっぱり、新しいクルマに乗りたいじゃないですか」。

この傾向は他のTFLメンバーも同様。気になる新型車が出ればすぐに買うし、マイチェンすればいち早く後期仕様をやったりもする。30セルシオがマイチェンした時、神林サンが日本一早く後期仕様にしたのは有名な話。

「まだ誰もイジっていないようなクルマをイジるから面白いんです」。

ちなみにTFLでは、乗り替えたり仕様変更をする際、他のメンバーには内緒にするという習慣(?)がある。

「だってビックリさせたいから(笑)。仲間とはいえ、メンバーはみんなライバル。どこか『出し抜いてやりたい』という気持ちもあるんです。このマジェを買う時も内緒にしてましたし」。

とはいえ、チームの共通事項は守る。その一つがカラー。7年ほど前からは、メンバー全員が黒で揃えている。シンプルスタイルでは白と並んで多く選ばれる色だが、藤原サンは「キズや汚れが目立ちやすいのがいい」という。この手の仕様はキレイさも重要だというのに、一体なぜなのか。

「汚れやすい色だからこそ、キレイにしていたら目を引く。しかも、それをサラッとこなすのがいいんです」。

そのために、洗車は週一ペースといわず、気になれば連日でも洗う。プロの手によるガラスコーティングも年に1度は必ず施工。加えて保管場所はもちろん屋根付きと、きっちり手間もお金も掛けてキレイさを保っている。

「パッと見でラインが出にくいのも黒の良さ。光が当たって初めて『ココはこんなラインなのか』というのが分かる。そんな奥ゆかしいところも好きです。あとはメッキが映えるのもいいですね」。

またTFLといえば、圧倒的な低車高と海外ホイール、ブレンボブレーキという組み合わせも特徴だ。当然、フェンダーは一切出すことはないが、インナー加工やアーム交換&加工などを駆使。純正では普通は履けないサイズをネジ込みつつ、ガッツリ落とす。

「ホイールもブレーキも、まず高価というのが一番のポイント(笑)。現行車をイジるのと同じ感覚で、なかなか買えないモノを何気なく付ける。その贅沢さが、大人の余裕を生むんです」。

210マジェスタ

ボディカラーはTFLブラック。今回は撮影の1週間前にガラスコーティングを行い、最高のコンディションで来てくれた。

なお、今回藤原サンが履いているのは、スーパーRSの20インチ、F10・R10・5J。インセットはかなり深いので、前後ともロアアームを短縮するなどして際どく収めているが、当たり前のように履いている姿からは、そんな裏事情は伝わってこない。ゆえに、「同じサイズを履けばこうなるのか」と思いがちだが、実際はこんな風には履きこなせないのだ。TFLに憧れる人は多いものの、なかなかそのスタイルを真似できないのは、こうした見えない部分の違いが大きい。

もちろん、独特のオーラを形成しているのは足まわりだけではない。この藤原マジェにしても、純正っぽいリップは実はワンオフ、サイドやハネもミリ単位で短縮。ドアミラーのフチなどメッキも増やし、エンブレム類はゴールド化と、細かく手を入れている。

「エンブレムは純正OP…じゃなくて、金メッキ加工。そもそも210マジェにゴールドエンブレムは存在しないので、そこに目を付けました」。

室内も一見純正風だが、エアコン吹き出し口や各スイッチ周り、バニティミラーのカバーなど、数十箇所にも及ぶポイントをウッド&メッキ化。しかもウッドは本物の木を使った“リアルウッド加工”だ。天井もアルカンで張り替え、さり気なくも純正より格段にグレードアップさせている。

「この辺は気付かれないことも多いというか、ほぼ気付かれませんが…」。

そしてこれを普段乗りで使う。毎日の通勤や買い物もちろん、パチンコにだって210マジェで行く。

「イベント専用じゃなく、街にいるリアルな車高短。VIPは本来、そういうものかなと思っています」。

210マジェスタ

グリルとバランスを取るため、リップ部をワンオフ。丈を2.5センチ延長。

210マジェスタ

エンブレム類はすべて金メッキ加工。まるでOP品のような雰囲気。

210マジェスタ

BBSスーパーRSは20インチ。リアは“MY BBS”サービスを利用して10.5Jをオーダーした。ブレンボキャリパーはマットブラックベースに表面スライス+メッキロゴ加工。

210マジェスタ

見た目は純正だがインナーはフル加工。特にリアは鉄板を切って上げて再溶接。燃料パイプの位置も変えるなど大工事。キャンバー角はもう少し起こすのが理想だとか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です