Slider
雑誌『VIPSTYLE』公式サイト

【18クラウン】
プロの流儀

P's

初出・VIPスタイル2017年5月号
文=岩田 直人 写真=木下 誠

プロの流儀

OWNER:埼玉県/田部井智樹

これはセダンに限った話ではないが、昔と比べたらドレスアップ人口が減っているという声を聞く。その現状を危惧しているパーツメーカーやショップも多いが、ピースの代表である田部井サンもその1人。愛車の18クラウンをドレスアップしながら、イジる楽しさを多くの人に伝えるべく積極的に活動している。この業界を、あの頃のように盛り上げるために。

・ ・ ・ ・ ・

クルマの楽しさとは何か
それを多くの人に伝えたい

埼玉のプロショップ・ピースの代表としてお客サンのクルマ作りをサポートする一方で、自身も18クラウンをドレスアップして各地のイベントを走り回っている。しかも最近はエントリーを控えているのに、である。田部井サンのようにここまでバイタリティや行動力がある作り手は、果たして全国に何人いるのだろうか。現在の仕様もこれまで数多くのドレスアップカーに携わり、イベント行脚で培った経験が生きている。しかし自分のクルマイジりだけを楽しむのではなく、お客サンたちにドレスアップの楽しさを伝えることも常に考えている。

「最近はSNSが主流でリアルな交流が少なくなり、イベントもエントリーするクルマのレベルがかなり上がり、初心者にとっては敷居が高いと感じることもある。だからイベントは賞を狙うだけじゃなく、楽しむ方法はいくらでもあることを伝えたいです。イベントは楽しくて面白いことをアピールすれば、うちのお客サンやクルマ仲間も興味を示すだろうし、交流もさらに深まる。ドレスアップユーザーの数を増やさないことには業界も衰退しますから、かつての全盛期のような勢いを取り戻すことが目標です」。

P's

太陽の光が当たらなくても色鮮やかな「紅」のボディに映える、インペリアルゴールドのホイールディスク。ピアスボルトもゴールド。「若い頃、最初に買ったホイールがゴールドピアス。新旧の融合、そして原点に戻るという意味でこの色を選びました」。

だから彼は、これからも18クラウンでイベントに行く。イベントは賞がすべてではない。場の楽しさを多くのセダン乗りに知ってもらうことが、今の自分の「使命」と考えているからだ。現在のクルマの仕様もイベント入賞を意識せず、自分がやりたいことをすべてカタチにしただけである。だがトータルバランスは限界まで追求した。どこから見ても違和感がなく、自然に仕上げることにこだわっている。

「もし気に入ったパーツがあっても、寸法が微妙に合わなかったり付けた時にバランスが悪いと感じたら諦める。最近のクルマはほぼカタチができ上がってますが、その中のわずかなマイナスポイントをプラスに変えるようなイジり方を心掛けています」。

いち早く移植した210アスリート後期グリルも、後期が出た直後にディーラーに行ってグリルの寸法を測って「合う!」と分かった上で採用。ライトも210後期だが、使ったのは中身だけでガワは18系のままだから、いかにも移植したという印象は皆無。エアロの加工も、ナチュラルなブリスターも、あらゆる角度からの見た目を考慮したフェンダーダクトもそう。やっていることは大ワザばかりだが、すべての加工が「自然」なのである。

P's

ウインカーは打ち替えたが、中の配線を解析してカプラーオンで付けられるように加工。

P's

シャープなデザインが気に入ったLS後期フォグ。

P's

ドアミラーウインカーはアベスト。

P's

ホイールはワークの新作であるマイスターL1。ダクトはどの角度からでもカッコ良く見えるように、奥の面をくり抜いた。

P's

フロント6・リア8センチのナチュラルブリスター。「やっていないようで実はやっている、そんな雰囲気が好きです」。足まわりはイデアルのエアサス。アームも組んでいるが、キャンバーよりも走りを重視。

P's

リアはエイムゲイン+JOBデザインGS用。丈を下に延長することでケツ上がりを補正した。

P's

リレーですべての球が激しく流れ、見る人を飽きさせない。

P's

リアバンパー側面にはピースのオリジナルブランド、ドゥのダクト。

P's

美しい焼き色の4本出しマフラーもドゥ。こちらは新作のD-05で、出幅をスライドできるのがポイント。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です