国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【18クラウン】高級感たっぷりのロイヤルサルーンが好き

セダン女子掲載:2017年12月号_セダン女子_#068
文=佐藤 知範 写真=木下 誠

MIKA FUJITO × 18CROWN

 漆黒のボディに純正フェンダーをがっつり被せたツラウチ。エアロはシンプルな造形で、フォグ周りやドアミラーなど各部にあしらったメッキも味わい深い。まさに東北らしい1台、と見せかけて、ひと味違うのがこのゼロクラ。例えばキャンバー角だが、F10・R12度と東北仕様としてはややキツめにしてある。「あつしサンには、『もっと起こせ』といわれますが、私はけっこう倒したい派なので、この角度にしてもらってます」。製作店は岩手のFスタイル。その代表であり、TFLコンプリートメンバーでもある藤原あつしサンに指摘されても、自分の好みは曲げたくない。「もちろん、あつしサンのアドバイスに従った方がいいのは分かってます。でもやってみたいことは抑えられなくて(笑)」。ルーナフォグを入れたのも彼女のチョイス。「お洒落なデザインに一目惚れ。そのまま付けるとデイライトが少し飛び出ちゃうんですが、バンパーとツラになるように収めてもらいました」。

リアは社外+W212ベンツ用の社外バンパーのニコイチ。これも王道シンプルとは異なるアプローチながら、マフラー出口を囲うようにメッキ加工。見どころは増やしつつ、シンプルさは崩さずに高級路線を行く。「今の仕様も大好きですが、いずれもっとインパクトのあるドレスアップにも挑戦してみたいです」。

 

 

previous arrow
next arrow
ArrowArrow
Slider