国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【50LS】シンプル主義の心意気

VIPSTYLE
掲載:2018年12月号_THE DEBUT!
文=酒寄 俊幸 写真=木下 誠

ワンオフであることを主張しない
それが、シンプル主義の心意気

OWNER:山崎 真悟(北海道)

最新車輌を手に入れた喜びと、それをベースに新しいVIPを作ろうという情熱。この二つが揃えば例えパーツがなくても、誰もが憧れるクルマを作ることはできる。それを証明したのがこの1台、LS500Fスポーツだ。

50系を手に入れる前の山崎クンの愛車は、左ハンドルのレクサス、40LS460Lだった。その40系には愛着があったが、次のステップを模索している最中に、レクサス最上級車のモデルチェンジを知ることになる。その結果、40系を手放し1年かけて資金を用意。そして、発売後すぐに50系を購入して、ドレスアップを敢行。こうして、ご覧のような最新スタイルを完成させたのだ。製作は、北海道恵庭市にあるプラチナムの児玉サンが担当。

VIPSTYLE

「新し過ぎてパーツが出ていないタイミングでした。唯一発表されていたのはエイムゲインでしたが、こちらが希望する時期までにパーツが間に合わない。ならばモデリスタもあるけど、そのまま使うのも面白みがない。でも、50LSで外装をリメイクしている人はまだいなかったので、全国の人に注目してもらえるような事をしたいと思いました。その答えが、純正加工だったのです」。

前後バンパーは、まるで純正としか思えないような違和感のなさが特徴。分かりやすく主張する造形ももちろんアリだが、この車輌に関しては、50系の上質感をそのまま継承する方向性を選んだ。それも全ては、山崎クンが求める「街乗りシンプル仕様」を忠実に再現するために。

メーカーデモ車以外では、全国的に見てもまだ少ない50系のオーナー車。山崎クンの愛車は間違いなく、今後の指標となる1台であろう。

VIPSTYLEVIPSTYLE