国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【18クラウン】自作も交えてコツコツと進化 5年間の努力が実を結ぶ時

彼女がVIPに乗る理由。

掲載:2018年12月号_巻頭特集・彼女がVIPに乗る理由。
文=佐藤 知範 写真=木下 誠

自作も交えてコツコツと進化 5年間の努力が実を結ぶ時
OWNER:埼玉県/永田 みほ

夫婦揃ってのVIP乗り。ドレスアップ代はもちろん、維持費だって高いセダン。まして2台となれば、経済的にはけっこうキツイはず。

「でも子供ができるまでは、お互い頑張ってイジろう、ということで話はまとまっています」。
それは3年前、めでたく入籍した際に交わした2人の約束である。
「ローンは組まないようにしようとも決めました」。

だから大きなリメイクをする時は、資金が貯まるまでじっと我慢。財布は夫婦で別々にしているので、イジりたいなら自分自身で稼ぐしかない。これも永田家ルールだ。

彼女がVIPに乗る理由。

ちなみに子供はできれば30歳までに産んでおきたいというのが、みほサンの結婚当初の希望。そんな彼女も今年で28歳を迎える。

「もうギリギリ(笑)。本当はもうちょっと早く家族計画を進める予定でしたけど、このクラウンのお陰でズレちゃいました」。

前仕様でも内外装はひと通りやっており(2016年8月号に掲載)、直後にはヘッドライト&テール加工も完了。そこで一旦落ち着くという手もあったのだが、

「旦那が『ここまでやって終わりにするのはもったいない』と。確かに、せっかくライトは想像以上に仕上げてもらったのに、ボディワークはまだ物足りない感じだったんです」。

そこでボーナス×2回分の費用を注ぎ込んで再びのリメイク。肝になるのは、憧れていたオバフェンだ。

「ずっと昔に17系で見掛けたフェンダーが記憶に残っていて。自然なカタチなのに、ドシッと見える重厚感が堪らなくカッコ良かった。それを作りたいと思いました」。

ラインは付けず、極限まで滑らかにふっくらと。ゼロクラの丸いボディと自然に一体化させた、セミブリスターに近いオバフェン。アーチも上げ、エアサスならではの超ピタピタなツライチも実現させる。

彼女がVIPに乗る理由。

「合わせて全塗装も検討しましたが、そうすると色に目が行っちゃう気がした。なので、あえて純正パールのままにしています」。

ホイールも当然履き替え、さらにフェンダーダクト&ボンネットダクト追加、グリル塗装、未完全だった内装もブラッシュアップ。心から納得できる愛車に仕上がった。

「ちょうど旦那のアリストも完成したし、今年の残りは2人でイベントに行きたい。まだVIPを辞めるつもりはないですが、この仕様で悔いが残らないよう楽しみたいです」。