一周廻ってセダンが1番!

【30セルシオ / オーナ車】VIPの王道ブランドでコーディネイト

オーナー:TAKASHI HAMANO × 30CELSIOR

熱きジャンクションプロデュース愛
中学生から憧れていた、
VIPの王道ブランドでコーディネイト

VIP創生期にメーカーを設立して以来、多くのセダン乗りを虜にしてきた「VIPはJP」でお馴染みのジャンクションプロデュース。

浜野クンも中学生の頃から大のJPファン。

以前乗っていたG50プレジと31グロリアにはスカラージャパンを履かせ、ミラーにはふさと綱を吊り下げていた。

「デモカーのイカツい雰囲気が、若い頃の僕にはどストライクでした」。

31グロリアをJPのデモカースタイルにすることも考えたが、イベントで勝ちたい思いもある。

そこで年式が新しい30セルシオに乗り換え、ジャンクションプロデュース仕様を作ることにした。


エアロはもちろんJPだが、左ハンドルの車種をターゲットとしたJPディスティニーを選択。

通常のJPエアロと比べると丈が小振りで、リップの出幅もかなり控えめなものだ。

「シンプルな造形が好みでした。30セルシオは多いですが、このエアロを組んだ30系はあまり見かけないです」。

ホイールはもちろん同社スカラージャパン。

プレジと31グロリアに履いていたのは初期型で、こちらは若干ディテールが変更されたNEWタイプ。

「5本スポークと言ったらスポーティなイメージですが、スカラーはナットを隠すセンターキャップが付いていて、高級感があるところが好きです」。


他にもアイラインやボンネット&ルーフスポイラーなど、JPのアイテムが満載。

さらにJPブティック泉南特約店・オートクールのオリジナルアイテムで違いも出す。

特に目を引くのがサイドデカールとピンストライプ。

「貼ることでサイドビューが引き締まり、視覚的にボディが長く見えます」。

 

●パーツカット

フロントバンパーは純正プラスアルファの、落ち着いたデザインがお気に入り。 開口部のフィンにはメッキモールを装着して質感を向上させた。

ハネはもともと3分割だが「そこだけに目が行かないように」と、両端を外した。テールもLS430。 パッと見はセルシオと同じだが、光り方が違う。

差し色が欲しく、オレンジマーカーが内蔵されたLSのライトに変更。

グリルのフィンはボディ同色。ゴールドのトヨタエンブレムが映える。

ボンネットを長く見せるJPのボンスポ。優れた視覚効果に大満足。

昔からこだわっていたイエローフォグ。LEDバルブで光は今風に。

「シングルだと物足りないので」、2連サメエラ。純正フェンダーに仕込む。

スカラーの奥にはオートクールのブレーキ。キャリパー&ベルはオレンジ。

オートクールサイドデカールは、主張しすぎないデザインで仕様にマッチ。

シンプル高級スタイルに良く似合う、ベンツ風のドアミラーウインカー。

前作よりも径が小さくなり、上品さがさらに増したJPタイプⅢマフラー。

マフラーに合わせて開口を作り直し、下部はガンメタで塗り分けた。

金綱は発売10周年記念モデルの菊結びバージョン。ふさには重厚感溢れる代紋も付く。

ネックパッドやウエストパッド、シートベルトパッドもJPで統一。黒レザーシートにもベストマッチ。

UCF30セルシオ Bユーロ(15年式)
▶エアロ:(F・S・R)ジャンクションプロデュースディスティニー(W)ジャンクションプロデュース
▶カラー:純正202ブラック
▶ライト類:LS430純正(ヘッドライト、テールランプ)
▶足まわり:純正エアサス+ハイスピードキット
▶ホイール:ジャンクションプロデュースNEWスカラージャパン(F9.5J・R10.5J-19)
▶タイヤ:ファルケン(F225/30・R245/30-19)
▶ブレーキ:オートクールオリジナル(F)8pot/380φ(R)6pot/380φ
▶マフラー:ジャンクションプロデュースタイプⅢ
▶外装その他:グリル塗装、ジャンクションプロデュース(ボンスポ、ルーフスポ、アイライン、サメエラダクト)、サイドデカール
▶内装:ジャンクションプロデュース(ふさ、金綱、ネックパッド、シートベルトパッド、ウエストパッド)

 

●オーナープロフィール

浜野 崇(福岡県)
牡牛座 B型 会社員
28歳 VIP歴:5年
先日大阪で開催されたJP杯にエントリーし、賞もゲット。「でも会場に行く途中、アイラインが片方飛んで行っちゃいました(涙)」。 ドンマイ!

●VIPスタイル編集部
THE DEBUT SELECT #1130