VIPスタイル
since.2000
dress up magazine
VIPSTYLE
VIPSTYLE WEB
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
210マジェスタ
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
平成の名車
VIPSTYLE
dress up magazine
since.2000
previous arrow
next arrow
Slider
雑誌『VIPSTYLE』公式サイト

【イベントレポート】
TOP STYLE杯 12th

過去最多のエントリーで、会場はオーナーたちの熱気が充満
TOP STYLE杯 12th stage 第4回中国王座決定戦

●日時:2017年5月28日(日) ●会場:グリーンピアせとうち ●主催:TOP STYLE事務局

トップスタイル杯史上最多のエントリー台数だった12thステージ。その数は400台以上で、しかも、大半がセダンだったというのも嬉しい事実。熱気に帯びた会場で注目を集めていたVIPをご覧あれ。「今までで一番多いエントリー台数。ご来場ありがとうございました」とトップスタイルのKAZUOサン。

 

#01

一際ゴージャスなドバイ仕様でドレスアップ
51フーガ・中牟田 純一(佐賀県)

海外セレブの愛車のような、群を抜く高級感を追求した「ドバイ仕様」でドレスアップ。ホイールのシャレンをはじめ、フォグ周りをゴールドであしらい、超ゴージャスな雰囲気に。ボディカラーはKCオリジナルレッド。ゴールドとの相性もバッチリだ。

ゴールドに決して負けない華やかさがある、KCスタイルのオリジナルレッド。バランスが取れた車高具合も秀逸。圧倒的な存在感を誇るゴールド仕様のシャレンFX。フロントはエイムゲインの純VIPGT。リアもフロント同様、前期用の純VIP GTを加工して装着。ユーロちっくなマフラーも◎。

 

#02

ワークの新作ホイール・W5Sに履き替え!
18クラウン・橋本 憲視(福岡県)

ワークの新作・ジスタンスW5Sを装着させてきた橋本クン。愛車のテーマはスーパーカー。フロントはエイムゲイン+ワンスターで、V36用のリップスポも追加することで、理想の姿に近付けた。リアの巨大なウイングも、この仕様にマッチしている。

サイドとリアはエイムゲイン。オーバーフェンダーの出幅はF7・R8センチ。足まわりはTスタイル車高調を選択。上がエイムゲインで、下がワンスターの50シーマ用。リップスポイラーはコクピット910のV36用を合体させた。リアフェンダーと幅が一緒だったのが決め手で、ウイングは326製。

#03

シンプル仕様で200系の高級感を底上げ
200マジェスタ・村田 寛司(佐賀県)

街乗りシンプルがテーマ。Fは純正バンパーにブレーンX10を合体。同時にナンバー位置を3センチ下げ、純正コーナーポールも装着。車高にもこだわり、全下げ時の地面との隙間を5ミリに設定。それを成し遂げた足はカズサスコンバージョンキットだ。

ベンツE63AMGと同型のマフラーフィニッシャーを移植している。足まわりにはTディメンドのアームもフル装備。フロント同様、リアも純正バンパーにブレーンX10をニコイチ。ホイールはTWSのWS05。ブレンボブレーキも装着している。

 

#04

遂に関根マジェがトランクオーディオに挑戦
17マジェスタ・関根 拓規(埼玉県)

関東を代表するオーナーの一人である関根クン。トップスタイルにて、完成したばかりのトランクオーディオを披露。考え抜かれたレイアウトはもちろん、外装との統一感ある雰囲気もいい。ちなみに最近、2人目のお子様が誕生。おめでとうございます!

自慢のエボ風ブリスターはF5・R6センチ。足はボルドのエアサス。ボディ色はソウルレッドプレミアムメタリック。Fはマンソリー風に加工。Rはワンオフディフューザーが見所。F・S・Rの底にはフラップも。高級感あるデザインが魅力。メインデッキはアルパイン、スピーカーはダイヤモンドを選んだ。

 

#05

イチから作ったバンパーでイメージを一新

40LS460・奥村 勇幸(兵庫県)

エッジが効いたスポーティなデザインがウリのバンパーをイチから製作。リアのアンダーフラップは、「気分によって簡単に脱着できる仕組みになっている」というのもポイント。さらに、ボンネットにも手を加え、独自にラインをプラスアルファ。

「足まわりはユージーランドのハイブリッドエアサスを選びました。低いままでも走れる所が気に入っています」。ヴァルド製のフェンダーダクトも装着している。よりスポーティにイメージアップ。LS600用に変更し、イカリング付きに。ジーストST1は21インチ。

 

#06

ブレーン仕様で大人シンプルに
200マジェスタ・冨田 篤志(長崎県)

ブレーンのプレミアムスポーツをフル装備して、シンプルに大人っぽくまとめた200マジェ。ボディカラーは高級感ある202ブラック。ジスタンスW5Sのディスクを同系色にしたことにより、統一感のある魅力的なスタイルに。

今回はマフラーをフルストレートにしてきた。ベタベタの低車高も魅力で、前後にキャンバーアダプター入り。シンプルな造形が気に入り、エアロは全てブレーンで揃えた。20インチのジスタンスW5S。F9J+30・R10J+20を選択。

 

#07

スポーティかつ高級な男勝り仕様
18マジェスタ・三浦 じゅり(福岡県)

「男勝りなガールズVIP」をテーマに18マジェをドレスアップしているじゅりサン。今回の見所はリアバンパーで、ディフューザーやマフラー周りに手を入れ、スポーティ感を向上させてきた。こだわりの塗り分けも秀逸だ。

サスコン+SSキットでリムが被るまでローダウン。チラッと見えるキャリパーカバーとロングナットはピンク色を。リアは躍動感が溢れるデザイン。ホイールはグノーシスHS202の20インチ履き。

 

#08

有名セダン女子が愛車を乗り換え
210クラウン・上嵜 百合耶(広島県)

セダン女子&カープ女子の百合耶サンが、17マジェから210クラウンに乗り換え。もちろん、210系もイジっていくつもりで、まずはホイールと足まわりを交換。「次はエアロとマフラーに挑戦します」。210系での活躍も期待大。

210系に乗り換えての初イベントということで、ビックリした人も多かった!?テールは後期に変更。足まわりはボルドワールドのエアサス。ショートナックルも導入している。選んだホイールはTWSのWX07の20インチ。ブレンボも装着させた。

 

#09

新愛車はシンプルスポーティに!
V37スカイライン・久保 真志(山口県)

有名チーム・リベリオンズに所属する久保クンは、家族みんなでエントリー。今回は300Cから乗り換えたスカイラインを初お披露目。テーマはシンプルスポーティで、フロントはインパル、サイドとリアはブリッツを装着。

足まわりはACCエアサス。Fにはブレーンのアッパーアーム、RにはTディメのアッパーアームなども入れている。開口部をハの字にするなど、自分好みのデザインに変えている。ホイールはワークのジスタンスW5S。サイズは20インチだ。

 

#10

大人が凄いと思う、シンプル仕様でD-UP
51フーガ・古澤 諒(佐賀県)

フロントはブレーンの18クラウン用をニコイチ。その上で今回、開口部をグリルのラインに合わせて広げ、一番裾のラインは逆アールに変更。「より低く、シンプルに見せるように加工しました」。リアのマフラーもベンツ用に交換し、高級感を高めた。

「大人受けもするように、シンプルを心掛けています」。リアもニコイチで、ブレーンの200マジェスタ用を装着。グノーシスFCV03。20インチでF10J・R11J。ベンツ用カッターも◎。

 

#11

31セドをジャンクション仕様でまとめ上げる
31セドリック・永井 和貴(愛媛県)

JP仕様の31セドリックが登場。その当時大ヒットした仕様だが、派手全盛の今となっては、逆にこのJPならではの高級感&渋さに新鮮さを感じる。ホイールはBBS RSで、車格に合わせて17インチ。無理矢理なインチアップをしないというのもいい。

ボディカラーはオリジナルダークグリーンで、この色も実に渋い。31系の性格を深く理解しているからこその色だ。足まわりはJIC。ギリギリまで攻めた、緊張感のあるツライチも披露。渋さ極まるBBS RS。前後8J+39。マフラーは真円ダブル仕様に。

 

#12

随所に手が入った、これぞやってるシンプル
17マジェスタ・松田 浩幸(佐賀県)

ソニックシルバーへの色替えの他、フォーミュラメッシュ、カズサスエアサス、esループマフラーなどで、随所をブラッシュアップ。よりシンプルな見映えに進化させた。その勢いは止まらず、時期こそ未定だが、バンパー加工や内装にも挑戦する予定だ。

サイドとリアもエイムゲイン純VIPを短縮加工した。ボディとの一体感が◎なオバフェンのデザインもカッコイイ。フロントはエイムゲインの純VIP。短縮加工をして装着。ウイングはヴァルド。フォーミュラメッシュは18インチを履かせた。

 

#13

そう簡単には真似できない、極上の雰囲気
30セルシオ・山形 大志(福岡県)

九州を代表するシンプルVIPオーナーの一人。各所にミリ単位のこだわりを積み重ねたことによる、この極上の雰囲気はそう簡単には真似できない。今回はバランスを整えるためにリアのアッパーアームを交換。またしても、ミリ単位でこだわってきた。

エアロはブレーンをフル装備。リアのシリーズはエグジスタンスで、全体とのバランスを取るため、丈を延長。ベースはエグジスタンスで、その開口部を若干広げ、さらに、プレミアムスポーツのシングルフォグを移植した。サイドマーカーをオレンジで塗装。BBSのスーパーRSは20インチ。

 

14

リアバンパーを変更し、よりスポーティに
200クラウン・中村 孝晃(山口県)

スーパー戦闘機仕様でドレスアップする中村サン。今回はリアバンパーを変更。ブレーンとエイムゲインとロェンのサンコイチで、自慢の戦闘力をより高めてきた。ヘッドライトもマイチェンし、プロジェクター移植&RGB変色ファイバー加工を実行。

ボディはブラッシュドメッキでフルラッピング。ウイングはGTRの純正を加工。マフラーはエイムゲインの砲弾を。ライト加工で目力を強烈に。ホイールはエイムゲインのGⅤSを装着。デザイン入りのブリスターも自慢。出し幅はフロント6センチ、リア12センチだ。

 

#15

超稀少車をオリジナルスポーティVIP仕様に
アテンザ・木元 貴弘(大分県)

「パーツが全くと言っていいほどないのがツライです」と木元クン。しかし、それを逆手にとり、アテンザを見事なまでに自分色に染め上げた。エアロはコクピット910のスカイライン用をニコイチ。高級感とスポーティ感を味わえる、ボンネット加工も◎。

車格が全く異なるスカイライン用を見事にニコイチ。塗り分けで個性も演出。足はボルドのワンオフエアサス。ボンネットの中央の膨らみはLS後期意識。インタークーラーでレーシーさもプラス。W10Mはオプションのゴールドを選んだ。

 

#16

元の良さを残しつつ、個性を+α
AMG S63・髙橋 英之(広島県)

果敢にS65AMGをドレスアップする髙橋クン。「ベンツの良さを崩すことなく、その上で自分の個性をプラスしました」。落としにくいことで有名なSクラスだが、ロワリングキットでキチッとローダウンさせたのも、お見事。

エアロはAMGで統一。トップスタイルには亮ちゃん、うどちゃん、あきらクン、りゅうクンの友達みんなと参加。ホイールは重厚なディッシュ。21インチでF11J・R11.5J。各所にカーボンパーツを投入。室内の高級感も半端じゃない。

 

#17

ワンオフ尽くしの誰とも違う一台
50シーマ・田中 宏典(大阪府)

鮮やかなラヴァオレンジクリスタルシャイン。スポーティなカーボンボンネット。この組み合わせによる特別感が魅力の50シーマ。エアロはワンオフ。室内もトランクにも手を入れ、どの角度から見ても一切隙のない姿に。

秋のイベントに向けて、現在、秘策を練っている模様。どんな風に進化させるのか、超楽しみ。フェンダーはフロントが4センチ、リアが8センチ。ボディとの一体感がポイントだ。ヘッドライトもワンオフ。トランクは立体感があるレイアウト。

 

#18

フロント仕様変更で、完成度をUP
17クラウン・宮﨑 伸司(福岡県)

テーマはスポーティVIP。フロントバンパーは200クラウン用のエイムゲイン純VIPGTをニコイチし、さらにイデアルのデイライトも投入。迫力あるオバフェンも、この17系のポイントで、出し幅はF5・R8センチに設定した。

サイドはカーセンスを加工、リアはスティンガーをニコイチ。ホイールはフリーデンの19インチ。立体感がある造形が魅力。インタークーラーのガッツリ見せも◎だ。インテリアはフル張り替え。ラップ塗装も取り入れている。

 

19

200系をブレーンでシンプルに!
200クラウン・廣瀬 あずさ(福岡県)

エアロはブレーンで、「シンプルなデザインが気に入って購入しました」とあずさサン。ホイールはグノーシスGS2の20インチ。今回はキャンバーを調整したそう。角度をF11度・R14度にして、理想通りの迫力をゲットした。

ドレスアップのテーマはシンプルスポーティ。車高の落としっぷりは、女性オーナーとは思えないレベル。ホイールサイズはF9J+32、R10J+25。足まわりはボルドワールド。ブレーンのスラキャンの他、各アームにも手を加えている。前後エアロもブレーン。

 

バックナンバー購入ページ