国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【大阪オートメッセ2019】OWNER’S CAR SELECTION 47(⑤/全5回)

2019年の大阪オートメッセでデビューを果たした47台のオーナーカーたち。魂を込めて造り上げた各車の魅力を総まとめ! 全台、絶対必見。5回に分けて掲載します。

掲載:2019年4月号_大阪オートメッセ
文=佐藤知範・奥山貴嗣・酒寄俊幸 写真=木下誠・重松浩平・奥山貴嗣

 

#41 一見すると純ベタの18マジェスタだが

メッセ

根岸 翼(埼玉県)18MAJESTA

一見すると純ベタの18マジェスタだが、根岸クンの18系は相当に手が込んでいる。エアロは純正バンパーから型をとったワンオフバンパーで、純正と比べてみると丈の短さは一目瞭然。

さらにオーバーフェンダーもドアパネルまで含めて広範囲に手を入れており、その技術力の高さをうかがわせる。「今回のメッセ出展は一生の思い出です」と根岸クン。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#42 走行時の安定性や快適な乗り心地を求めて

メッセ

松本 雅大(愛知県)LS430

走行時の安定性や快適な乗り心地を求めて、Tディメンドの足まわりパーツで固めた松本クンのLS430。「プロダンパー車高調とフルアームにしたことで、ハンドル全切りが可能になり、正確なアライメントを実現しました」。

エクステリアはシンプルにフロントリップと、ワンオフの左右出しデュアルマフラーの装着に留めた。少ない手数で確実に迫力を底上げ。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#43 2年振りのメッセ出展

メッセ

沖 智宏(滋賀県)18CROWN

2年振りのメッセ出展となった沖クンのピンククラウン。今回はKブレイクからリリースされたビス留めワークスフェンダーをいち早く取り入れて展示。「誰よりも早く装着して、オートメッセデビューを飾りたかったんです」。

エアロもKブレイクのハイパーゼロカスタムをフルで装着。足つきの巨大なGTウイングとのマッチングも良好だ。ライトは前後ブラックアウト。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#44 ガッツリとせり出したオバフェンも見所

メッセ

原田 拓歩(愛知県)30CELSIOR

エアロはKブレイクのプラチナムをベースに、原田クン好みのカタチに手直し。ふんだんにプロ眼を入れたヘッドの眼力も強く、インパクト極まるGT風の顔つきに生まれ変わった。ガッツリとせり出したオバフェンも見所で、フロント8・リア12センチの出し幅。

リバレルしたことで新品同様となったケーニッヒをアウトリップでキメて、途方もないオーラを放つ。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#45 足まわりは当然Tディメンドフルコンプリート

メッセ

渡辺 啓介(石川県)18CROWN

昨年地元の先輩が出展していたのを見て、「自分もドレスアップ欲が触発されました」。その先輩と同じく、Tディメンドブースから見事出展を果たした渡辺クン。足まわりは当然Tディメンドフルコンプリート。外装は純正エアロで、純ベタで走れる綺麗な車高短を楽しむ。

「アクセルを踏み込んでも、安定感のある走りができることが気に入っています」。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#46 セッションフル装備のイカツいエクステリア

メッセ

寺田 友梨(京都府)50PRESIDENT

勢力的に全国のドレスアップイベントに参加するセダン女子の友梨サン。セッションフル装備のイカツいエクステリアは健在で、今回新たにオールペンに挑戦。

「街中で一目惚れした」という、現行LSのディープブルーマイカでオールペン。またインテリアはレザーでフル張り替え。ホワイトとラベンダーの組み合わせで色気あるインテリアに仕上げてきた。

メッセ

メッセ

メッセ

 

#47 シンプルだけど威圧感を感じさせる

メッセ

山下 聖矢(三重県)16ARISTO

シンプルだけど威圧感を感じさせる山下クンの16アリスト。エアロはモードパルファムのGS用をニコイチ。

フロントはプリズムシンクフォグをかなり奥まった位置にレイアウトし、立体感を追求。オーバーフェンダーは裾を下までキッチリと伸ばし、厚いミミも製作。フロント6・リア10センチの出幅だが、視覚的にはそれ以上のワイド感を演出している。

メッセ

メッセ

メッセ