国産高級車ドレスアップマガジン『VIPスタイル』公式サイト

【イベント】76台一気見せ パート②/全4回

ライオット
掲載:2019年2月号_イベントレポート
文=幸谷 亮 写真=冨川 真一

年末に開催された人気イベントを総力取材。必見の76台。今回は11月11日に開催された【ライオット2018】の模様をお届けします。

 

#20
ライオットライオット
木村 勇太 19GS
エアロはフルでブラパルを装備。サイドはワンオフフラップを装着し、リアは210クラウン用をニコイチ。ポン付けはせず、さり気なく違いをアピールする。ビートニックゴールドのボディが抜群の目立ち度。今後はトランクオーディオにも着手する予定。まさに隙なしの一台に仕上がりそうな予感。今後の進化からも目が離せない。

 

#21
ライオットライオット
佐藤 勝美 210クラウン
はるばる北海道からエントリーした佐藤サン。「かっこ良くて気に入った」と、エアロはフルでエイムゲインをセレクト。注目はやはり足まわり。ボルドのアルティマエアサスだけでは満足せず、アームやショートナックルなどの足まわりパーツを総動員。理想のワイド&ロースタイルをゲットした。「来シーズンに向けて内装をやる予定です」。

 

#22
ライオットライオット
野々村 勇 18マジェスタ
野々村マジェのコンセプトは「高級志向の我流VIP」。絶大なインパクトを誇るボディカラーはアブレイズレッドパール。フロント3・リア4センチのオーバーフェンダーも見逃せないポイント。SSR SP4の19インチを緊張感のあるツライチで合わせる。

 

#23
ライオットライオット
佐藤 由望 120マークX
VIP歴1年のセダン女子。「シンプルにバランス良くかっこかわいいX」がコンセプト。合わせたエアロはモデリスタヴェルティガ。「このエアロじゃなきゃマークXに乗り換えた意味がないくらいお気に入り︎」と由望サン。ホイールはスカラージャパン。

 

#24
ライオットライオット
斎藤 拓睦 31セルシオ
少しずつ進化を遂げる斎藤クンのセルシオ。今回はホイールのリムをグレーメタリックに塗装して参加。「元々シルバーだったんですが、重厚感を出すために塗りました」。オリジナルのボディ色は「他にはなくスポーティで高級感のある色にしました」。

 

#25
ライオットライオット
藤原 和希 20セルシオ
「渋く、悪く」をテーマに、あえての純ベタ仕様で挑む藤原クン。純正OPのピラーエンブレムやサンルーフバイザーなどで違いをアピール。車高はバーディクラブ車高調でローダウン。アーム類も投入して理想の足まわりを作る。「今後も車高やキャンバー角を煮詰めると共に、汚い箇所を綺麗にしていく予定です」。仕上がりに期待!

 

#26
ライオットライオット
山﨑 真宏 17クラウン
「悪スポーティ」をコンセプトにイジる山﨑クン。深みのあるボディカラーはマツダアテンザ純正ミッドナイトマイカブラウン。「角張った17クラウンに似合う」と、エアロはカーセンスを装備。最新仕様のホイールはレオンハルトラーゼン18インチ。F9.5J・R10.5Jをセット。今後は外装のリメイクを予定。来シーズンも楽しみな一台。

 

#27
ライオットライオット
松下 健吾 130マークX
思い切って、ホワイトパールからオリジナルキャンディレッドにオールペン。「以前、ドレフェスで負けたのが悔しかったので、目立てるように一変させました」。スポーティな雰囲気に合わせ、リアはセンスブランドの130マークX用とエイムゲインのレクサスGS用をニコイチ。さらに、326パワーのIS用アンダーリップで疾走感をプラスする。

 

#28
ライオットライオット
六車 卓也 200クラウン
他と被らない仕様を目指し、エアロは全てアスリート純正加工で勝負。「社外品にしか見えないオンリーワンの仕上がりに満足してます」。最新仕様でもあるバッドフェイスがイカツい雰囲気をプラス。「クラウンでバッドフェイスにしているクルマを見かけたことがありません!」。今後は「ヘッドライトとフォグを変えたいです」と六車クン。

 

#29
ライオットライオット
木内 健太 33グロリア
深みのある色はベンツ純正レッド。流麗なラインのブリスターにF10.5・R12Jのホイールを履きこなす。エアロはF・S・R全てエイムゲインを装着し、フォグはイエローLEDに交換。「内装をやろうと思ってるんですが、手をつけてから1年経ちました」。

 

#30
ライオットライオット
大熊 嶺志 50シーマ
テーマは「街に溶け込む車高短高級車」。それを具現化するためにエアロはレス仕様。開口部をガンメタで、ナンバー枠やエンブレムをゴールドで塗装。高級感はもちろん、他との違いをアピール。純正オプションのサンルーフバイザーもポイントだ。

 

#31
ライオットライオット
仁王頭 蒼 18クラウン
「迫力があって気に入った」と、エアロはエイムゲインを装着。ブレーキも同社を選んで統一感を獲得。ヘッドのインナーを塗装して目ヂカラをアップ。「製作を依頼したKプロデュースの名前も書いてもらいました」。今後はボディの塗り分けを予定。

 

#32
ライオットライオット
田中 誠也 120マークX
イジるオーナーが増えつつあるマークX。中でも目立っていたのがこちら。オリジナルシャンパンゴールドのボディカラーは、「派手すぎず地味すぎず。マークXにはいないかと」。最新仕様のフェンダーも必見。フロントがブリスターでリアがオーバーフェンダー。出幅はそれぞれ7・9センチ。今後は内装にも着手する予定なんだとか。

 

#33
ライオットライオット
冨安 美由希 50シーマ
シンプルから一新、スポーティに路線変更した50シーマ。合わせたエアロはエイムゲイン。「35GT-Rを意識して加工しました」。今回の最新仕様はグリルとアーム。「キャンバーを控えめにしてましたが、物足りなくなってアームを組みました」。まだまだ理想の足まわりは完成していないようで、「微調整するか、やり直したいです」。

 

#34
ライオットライオット
川上 涼太 19GS
イベント前日に完成した最新仕様でエントリー。必見はRC純正ラディアントレッドに身を包んだエクステリア。随所を202ブラックで塗り分けてメリハリを付けるのが狙い。フェンダーはリアのアーチ上げとたたき出しのみ。「フェンダーを作り込んでるGSが多いので、あえて純正フェンダーで戦おうと思いました」。現在はエアロを加工中。

 

#35
ライオットライオット
大西 孝弥 200クラウン
「イカツく風格のあるクルマ」を目指し、ネイキッド純正の深緑にオールペン。エアロはすべてワンオフ。グリルレスに三ツ口の開口部、立体的な造形のイナズマフィンによって唯一無二の装い。「グリルレスでスペースが空いた部分を、ボンネット延長で引き締めました」。イベント当日は家族で参加。愛息の晴翔クンもご満悦!?

 

#36
ライオットライオット
岡田 太 18マジェスタ
VIP歴27年のベテランらしく、テーマは「大人シンプル」。エアロはフロントがセンスブランドでリアがモードパルファム。サイドとウイングはJユニットのミックス。異なるメーカーながらバランスの取れたスタイリングを披露。今後はフロントを加工する予定。

 

#37
ライオットライオット
藤井 健太 15クラウン
15クラウンを「シンプル元祖仕様」にドレスアップする藤井クン。とはいえ、トップセンスのエアロはポン付けせずに加工を施してオリジナリティをプラス。フロントのLSフォグ移植やリアのZ34バックフォグ移植など、最旬の装いもインストールした。

 

#38
ライオットライオット
永田 典千 130マークX
エアロはフロントがベンツCクラス純正で、サイドがCLS純正を移植。「BMWのバンパーなどを移植する人はいるので、あえてベンツ純正をニコイチしました」。リアはG’sをセレクト。ディフューザーを取っ払いワンオフマフラーをインストール。