一周廻ってセダンが1番!

【トレンド検証 / オーナー車 / 全6台】VIP業界のツートップ クラウンとLS 最新カスタム手法

【トレンド検証】VIP業界のツートップ
クラウンとLS 最新カスタム手法 <全6台>

紛れもなく、今のセダン業界のツートップはクラウンとLSだ。今回はこの人気の2台を大特集。あらゆる角度からクラウンとLSに迫っていく。

VIPスタイル編集部が6台を厳選
実例を列挙

街乗り仕様、純正プラスα、イベント仕様、シンプル系など、6台がそれぞれで見せつける独自の方向性。そのどれもが悪くなく、つまり、クラウンとLSという車輌は、幅広いカスタムに対応できるというのがよく分かる。

ぜひとも隅々まで熟読して頂き、クラウンとLSの最新カスタム手法を学び、愛車のドレスアップに生かして欲しい。

 

VIPスタイル

LSだからこそ、大人の目線でドレスアップ

# 01 _ 50LS
北海道/久保 博

国産最高級車の50LSを、さらに高級に振った仕様。これは大人にこそ相応しい高級車の触り方だ。さり気なく人目を引きたい人に参考になるドレスアップ術である。【続きを読む】

 

VIPスタイル

豊富な経験値による大人VIPの流儀

# 02 _ 220クラウン
埼玉県/古里 貴子

話題の新型クラウン。歴代クラウンとは全く違うクーペスタイルが特徴。そんな現行クラウンに相応しいスポーティ感をプラスα。やり過ぎないドレスアップの見本的な一台。【続きを読む】

 

VIPスタイル

いつの時代も常識を打ち破るのは若者の力

# 03 _ 50LS
鹿児島県/麻生 悠矢 (24)

オーナーは24歳の若者。それだけに少し目立ちたち気持ちもある。現行の50LSの良さを消さず、どうイジるのが最適か。光と塗り分けという手法で個性を出したチョイ派手仕様。【続きを読む】

 

VIPスタイル

210クラウンで取り戻した、あの頃の情熱

# 04 _ 210クラウン
徳島県/中岡 浩

クラウンにおけるイベント仕様の最前線を走る車輌。フルバンエアロを加工し、内装も世界で一台だけの究極の仕様に。内外装、そのすべてをやり切ったショーカー仕様。【続きを読む】

 

VIPスタイル

「高級車らしさ」にあえて逆らうのも悪くない

# 05 _ 40LS
兵庫県/島内 浩次 (40)

真っ赤な派手なボディでインパクトがある40LS。パッと見、大技にばかり目が行くが細かい部分も抜かりなし。派手だけどまとまりのある、そんな技巧的な一台。【続きを読む】

 

VIPスタイル

圧倒的な手数で織りなすシンプルの極み

# 06 _ 200クラウン
岡山県/岡野 哲也 (27)

手数は多いのに派手さはほどほど。2世代前の200系なのに全く古さを感じさせない。最も難しいとされる「手が入っているシンプル」を目指す人は参考にすべき要素が多々ある。【続きを読む】

 

●VIPスタイル編集部